女子大生のカワイイ「BONSAI」が人気のワケ香川の盆栽ガールズたちが広める|マネブ

マネブNEWS:〔2018.09.19〕イモトアヤコに「ブス」連呼で襲い掛かる男たち『イ 現在の記事数:286232件

-

女子大生のカワイイ「BONSAI」が人気のワケ香川の盆栽ガールズたちが広める


ハートを形づくった盆栽を手にする「Bonsai☆Girls Project」のリーダー、首藤さん(左)とメンバーの十亀さん(写真:AERA dot.)盆栽の「カワイイ」一面の発信に力を入れる

女子大生が紙袋から取り出したのはハート型のクロマツの盆栽だった。手のひらサイズの鉢から漂う可愛さに少し戸惑う。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「オーソドックスにキュートなものを作ろうと思いました」と笑顔で話すのは、香川大学(香川県高松市)の女子学生たちでつくる「Bonsai☆Girls Project(盆栽ガールズプロジェクト)」のリーダー、経済学部2年の首藤(しゅとう)沙希さん(20)だ。ハート型の盆栽は、木の枝や幹に針金を巻きつけて形をつくる「針金かけ」で仕上げたという。

松盆栽では、全国約8割のシェアを占めるといわれる香川県。そのほとんどが、県都・高松市の鬼無町と国分寺町で生産されている。ひと昔前は「お年寄りの趣味」「とっつきにくい」といったイメージを抱かれがちだったが、同プロジェクトでは、「カワイイ」一面の発信に力を入れる。

それぞれの「マイ盆栽」で盆栽の魅力をPRする「Bonsai☆Girls Project」のメンバー(写真:同プロジェクトのフェイスブックより)

盆栽ガールズは2012年、香川大学経済学部の古川尚幸教授(49)のゼミ生を中心に結成された。きっかけは、前年に高松市で開かれた盆栽のアジア大会。盆栽と、香川漆器や庵治石などの特産品を絡めた商品開発に取り組んでいた時に、学生たちからAKB48ならぬ「(Bonsai☆Girls Projectの頭文字を取って)BGPやります!」という声が上がったのだ。

当時のアンケートで出てきた盆栽の三大イメージは「高齢者」「お金持ち」「男性の趣味」。古川教授は「これらのイメージと裏側のコンセプト、『若い』『女子大生』でいけばおもしろい情報発信ができるかもしれない」と考えたという。

盆栽ガールズは当初、4人で結成したが、活動を続けるうちに学内でも認知度が上がり、2018年2月現在、25人が参加している。メンバーのほとんどが、プロジェクトに参加するまで盆栽のことをまったく知らなかったという。

高松市内の盆栽職人のもとへ定期的に通い、盆栽の知識や技術を学ぶ(写真:「Bonsai☆Girls Project」のフェイスブックより)

現在の主な活動は、SNSなどでの情報発信と、地域のイベントなどで行う盆栽のワークショップだ。盆栽の知識や技術を学ぼうと、学生たちは月に1、2回、高松市内の盆栽職人の元に通う。職人の指導で「こけ玉」(松の根を土で球状に覆い、こけを糸で巻き付けたもの)や「盆景」(盆の上に石や砂などを配して自然の景色を表現したもの)づくりに挑戦している。

メンバーが丹精した盆栽の数々(写真:Bonsai☆Girls Project)

完成させた「マイ盆栽」は、フェイスブックやインスタグラムに投稿。タイムラインを見ると、それぞれの感性を生かした「カワイイ」盆栽の数々が出てくる。フェイスブックのフォロワーは約1700、インスタグラムは約6000。海外のフォロワーも多く、コメント欄には英語のコメントが並ぶ。学生たちは、絵文字も駆使して、一つ一つのコメントに返信する。

学生たちがプロジェクトに参加した理由はさまざまだが、初めから「盆栽が好き」で参加するメンバーはいないという。岡山県出身の首藤さんは「大学生が盆栽をやるんだ」という新鮮な驚きから参加を決めた。「母からは『大学デビューの方法を間違えたんじゃ』と言われました」と苦笑する。

古川教授が明かした結成当時の秘話とは?

愛媛県出身のメンバーで経済学部2年の十亀稔理(そがめ・みのり)さん(20)は「せっかく4年間を過ごすのだから、香川を好きになりたい」と考えていた。伝統的なものや芸術は好きだったが、それまで盆栽に興味はなかったという。

「盆栽は鑑賞用で、めっちゃ大きい、高いというイメージでしたが、初めて盆栽教室に参加した時に、小さい苗が並んでいて、(私でも)『入っていい世界なんだ』と思いました」と振り返る。「育てていると愛着がわきますし、何年も楽しめるのがうれしいです」

インテリアにもなるこけ玉。女子大生ならではのカワイイ飾り方だ(写真:「Bonsai☆Girls Project」のフェイスブックより)

他にも、お気に入りの男性アイドルが盆栽好きなことから「彼と同じように盆栽を鑑賞できるようになりたい」という理由で加入したメンバーもいるそうだ。

女子大生の目から見た盆栽の魅力とは何だろうか。首藤さんは「以前はとっつきにくいイメージだったのですが、実際に育ててみると、普通の生活にもなじんで、それが魅力だと感じています」と話す。

「実は、幻のCDがあるのです」

古川教授が、結成当時の秘話を明かしてくれた。ゼミ生が作詞、作曲をしたオリジナル曲を、初代メンバー4人が歌って録音したが、総合的なクオリティーを勘案した結果、“お蔵入り”となったのだ。

「今となっては(“お蔵入り”になって)良かった。結果、まじめに盆栽に取り組むことによって道が開けたと感じています。学生たちには、地域の皆さんとかかわりながら、いろいろな経験をしてほしい」(古川教授)

ヨーロッパなどでは、アートとしての「BONSAI」が人気

香川県によると、生産者の高齢化や後継者不足で、盆栽の生産量は減少傾向にある。国内消費が伸び悩む一方、ヨーロッパなどでは、アートとしての「BONSAI」が人気だ。「技術を教えてほしい」と高松市内の盆栽職人のもとを訪れ、数週間から数カ月かけて学ぶ外国人もいるという。

学生たちの熱のこもった活動は功を奏し、地元企業のイベントにも参加するなど、盆栽の輪は着実に広がっている。今後は、盆栽の魅力や産地、生産者の紹介などの動画配信にも力を入れていくつもりだ。「認知度ももっと向上させたいし、若者へのアピールも考えていきたい」(首藤さん)

堅苦しいイメージを和らげ、もっと身近で、カワイイ「BONSAI」へ。女子大生たちの奮闘は続く。

(ライター:南文枝)

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
イモトアヤコに「ブス」連呼で襲い掛かる男たち『イッテQ!』演出に批判

【正解のないWEBマガジン~wezzyより】イモトアヤコInstagramより

画像
『東京ラブストーリー』再放送、27年前の日本が衝撃的…ケータイない、女性は肩パッド

鈴木保奈美 織田裕二と鈴木保奈美が共演した大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)の再放

画像
『西郷どん』西郷隆盛のキャラが半端すぎ!視聴率も続落…せっかくの伏線も無駄に

『西郷どん』公式サイトより 鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第35回「戦の鬼」が

画像
橋本環奈、控え室での「大物発言」が周囲を驚かす

橋本環奈(「アクティブハカタ 公式HP」より) 現在公開中の映画『銀魂2 - 掟は破るためにこそある

画像
「番組降りる!」有働由美子アナ、セクハラ騒動受け『NEWS ZERO』で言いたい放題?

「Gettyimages」より 日本テレビ報道局所属の元解説委員だった青山和弘氏のセクハラ騒動が、波

画像
もっとも高価な魚沼産コシヒカリが食味ランキングで陥落…つや姫とひとめぼれが逆転

コメ離れに歯止めをかけられるか 新米(2018年産)が出回る時季になった。 筆者の自宅近くのスーパー


-