これがスミソニアン「オバマ夫妻肖像画」だ黒人画家2人が製作、その評判は?|マネブ

マネブNEWS:〔2018.08.22〕【翁長雄志・沖縄県知事】が本土に問い続けたことー 現在の記事数:285309件

-

これがスミソニアン「オバマ夫妻肖像画」だ黒人画家2人が製作、その評判は?


 2月12日、米スミソニアン国立肖像画美術館の歴代大統領肖像画コーナーに展示されるオバマ前大統領夫妻の肖像画が完成し、お披露目が行われた(2018年 ロイター/Jim Bourg )

[ワシントン 13日 ロイター] - 米スミソニアン国立肖像画美術館の歴代大統領肖像画コーナーに展示されるオバマ前大統領夫妻の肖像画が完成し、12日、お披露目が行われた。オバマ氏は、自分の耳と髪の出来栄えについて冗談を飛ばすとともに、ミシェル夫人の「素敵さ」を賞賛した。

肖像画の製作を手掛けたのは、前大統領のものがケヒンデ・ワイリー氏、夫人のものがエイミー・シェラルド氏で、ともにアフリカ系米国人アーティストとして初めて、スミソニアンの委託で大統領または婦人の肖像画を描いたという。

肖像画のオバマ氏は明るい緑の葉と花々を背景に茶色の椅子に腰かけている。ミシェル夫人は幾何学模様のドレスを着て、片手を顎の下に、もう一方の手を膝に置いている。

オバマ氏はシェラルド氏に対し、「愛する女性の気品と美しさ、知性、魅力、素敵さをこのように見事に捕えてくれたことに、感謝したい」と述べた。

ワイリー氏については、題材が魅力不足なので負けていると冗談を交え、「白髪をもっと少なくしてほしいと交渉したが、美術的観点から難しかった。耳ももっと小さくと交渉したが、これも駄目だった」と語った。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙の美術評論家ホランド・コッター氏は、通常と違ったオバマ氏の描き方が印象的と評価する一方、ミシェル夫人については服装に焦点が合わせられていて失望したと批評した。

Copyright © 2018 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
【翁長雄志・沖縄県知事】が本土に問い続けたことーー私たちに残された宿題とは

沖縄の基地負担軽減を訴え、最期まで戦い続けた翁長知事(沖縄県HPより) 沖縄県の翁長雄志知事が亡くな

画像
『絶対零度』高視聴率連発でフジ月9復活確定…北大路欣也の登場でクライマックス突入

『絶対零度』公式サイトより 連続テレビドラマ『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』(フジテレビ系)の第7話が

画像
甲子園で金足農を注意していた高野連、女性へ注意連発で「女性差別」と物議醸す

「侍ポーズ」をとる金足農・吉田輝星投手(写真:日刊スポーツ/アフロ) 記念すべき第100回「全国高等

画像
「任侠山口組が六代目山口組に加入」説が業界内外を駆けめぐる…Xデーは9月に来るのか?

任侠山口組・織田絆誠代表 任侠山口組が揺れ動いている。本来、この8月は関東地域を中心とした東日本のブ

画像
中国、台湾への軍事侵攻に向け沿岸部にミサイル整備…習近平、悲願の中台統一か

中国人民解放軍建軍90周年 内モンゴル自治区でパレード(写真:新華社/アフロ) 中国人民解放軍が台湾

画像
アパートの隣の部屋から騒音、壁ドン…4年で3回も引っ越しを余儀なく、究極の対処法は?

「gettyimages」より 他人同士が同じ建物内で生活するマンションやアパートでは、ささいなこと


-