<新興国eye>S&P、ベトナム不動産開発最大手ビングループを格上げ―不動産業で過去最高|マネブ

マネブNEWS:〔2018.10.20〕不動産フリマサイト「FLIE」の利用者急増…数百 現在の記事数:288039件

-

<新興国eye>S&P、ベトナム不動産開発最大手ビングループを格上げ―不動産業で過去最高


 米格付け大手のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はこのほど、ベトナム不動産開発最大手ビングループ(VIC)の信用格付けを「B」から「B+」に引き上げた。 これは国内の不動産企業にとって過去最高の信用格付けだ。また、年初から現在までで東南アジア地域の不動産企業の格付けがS&Pにより引き上げられたのはVICが初となった。 ムーディーズは「VICは同業他社に比べ事業規模が大きく、主要事業の市場シェアも高い。売上総利益の15−20%は、小売スペース賃貸や小売、ホテル、医療の事業による安定的な収入源の貢献によるものだ」と引き上げの理由を明らかにした。 S&Pによると、17年におけるVICの物件販売売上高は74兆ドン(約3700億円)となる見通し。16年に分譲マンションとビラ式(一戸建て)住宅、タウンハウスの計1万5000戸が成約済みで、大都市の高級市場でシェア約24%を握っている。 17−19年における物件販売の年平均売上高は70兆−75兆ドン(約3500億−3700億円)の予想で、数年前に比べ2倍になると予想されている。VICは現在、国内最大のショッピングセンター(SC)運営業者として、ハノイ市とホーチミン市の2大都市でシェア60%を握っている。 この他、VICの健全な財務状況および急拡大している営業網により、自動車事業をはじめとする他事業の拡大にも対応できると高く評価されている。 なお、英国の格付け会社フィッチレーティングスも、VICの信用格付けを「B+」としている。【筆者:Viet Economic Research&AdVISory Corp.(VERAC)】2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株・経済情報」「VIETJOベトナムニュース」、「VIETJOライフ」の自社媒体を通じ、経済、金融情報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業740社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは22万社を誇る。10年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査に強み。*当該記事は外部執筆者により作成されたものです。記事は執筆者が信頼できると判断したデータなどにより作成いたしましたが、その正確性などについて保証するものではありません。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
不動産フリマサイト「FLIE」の利用者急増…数百万円単位の仲介手数料が不要に

「FLIE HP」より 近年、「メルカリ」などのフリマアプリが新たな中古品売買のスタイルとして定着し

画像
銀行の不正融資が大問題! 安全な不動産投資の条件とは?

※画像はイメージ(新刊JPより)。 不動産投資家への不正融資問題が発覚したスルガ銀行は、6か月の一部

画像
日経平均は3円高、業種別値上がり率上位は鉱業、不動産、石油石炭製品など

 16日午前10時時点の日経平均株価は前日比3円30銭高の2万2274円60銭。朝方は、買いが先行し

画像
日経平均は277円高と大幅反発し高値引け、切り返しの動き強める、鉱業、不動産株など上昇=16日後場

 16日の日経平均株価は前日比277円94銭高の2万2549円24銭と大幅反発し、高値引け。朝方は、

画像
日経平均は128円安、業種別値下がり率上位は保険、電気ガス、不動産など

 12日午前10時時点の日経平均株価は前日比128円62銭安の2万2462円24銭。朝方は、連日の米

画像
スルガ銀行&TATERU事件、日本の不動産投資全体が縮小の動き…法律に欠陥

「Getty Images」より スルガ銀行のシェアハウス融資資料改ざんを発端とした事件は、同行経営


-