<新興国eye>前週の上海総合指数、不動産・金融株の利益確定売り3週続落で=BRICs市況|マネブ

マネブNEWS:〔2018.10.20〕不動産フリマサイト「FLIE」の利用者急増…数百 現在の記事数:288008件

-

<新興国eye>前週の上海総合指数、不動産・金融株の利益確定売り3週続落で=BRICs市況


 前週(11月27日−12月1日)の中国株式市場は主要指標となる上海総合指数の12月1日終値が11月24日終値比1.1%安の3317.62となり、3週続落した。 週明け11月27日の指数は急落して始まった。中国当局がシャドーバンキング(銀行以外の金融機関が行う金融仲介)などへの融資規制強化によって、企業の借り入れ負担が増加し利益を抑えるとの観測が強まり、優良株を中心に売り優勢となった。 28日は反発し、29日も値を上げ続伸。28日は消費や素材関連株に下値拾いの買いが集まった。29日は近く開催予定の来年度の経済政策方針を決める「中央経済工作会議」を前に、当局が相場を安定させるとの思惑で不動産や金融、資源関連の銘柄を中心に買われた。 30日は反落。これまで上昇していた金融と不動産のセクターに対して利益確定売りが広がった。 週末12月1日は11月財新製造業PMI(購買担当者景気指数)が5カ月ぶりの低水準となり、指数に下押し圧力がかかったものの、下値を拾う動きもあり小反発となった。 今週(4−8日)の株式市場では引き続き景気動向やコモディティ(国際相場商品)相場などが注目される。相場に影響を与えそうな主経済指標の予定は5日の11月財新サービス業PMI(購買担当者景気指数)や8日の11月貿易統計など。<関連銘柄>上証50連動<1309>、上場パンダ<1322>、上場チャイナ<1548>、H株ブル<1572>、H株ベア<1573>、中国A300<1575>、南方A50<1576>、iSエマジン<1582>提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
不動産フリマサイト「FLIE」の利用者急増…数百万円単位の仲介手数料が不要に

「FLIE HP」より 近年、「メルカリ」などのフリマアプリが新たな中古品売買のスタイルとして定着し

画像
銀行の不正融資が大問題! 安全な不動産投資の条件とは?

※画像はイメージ(新刊JPより)。 不動産投資家への不正融資問題が発覚したスルガ銀行は、6か月の一部

画像
日経平均は3円高、業種別値上がり率上位は鉱業、不動産、石油石炭製品など

 16日午前10時時点の日経平均株価は前日比3円30銭高の2万2274円60銭。朝方は、買いが先行し

画像
日経平均は277円高と大幅反発し高値引け、切り返しの動き強める、鉱業、不動産株など上昇=16日後場

 16日の日経平均株価は前日比277円94銭高の2万2549円24銭と大幅反発し、高値引け。朝方は、

画像
日経平均は128円安、業種別値下がり率上位は保険、電気ガス、不動産など

 12日午前10時時点の日経平均株価は前日比128円62銭安の2万2462円24銭。朝方は、連日の米

画像
スルガ銀行&TATERU事件、日本の不動産投資全体が縮小の動き…法律に欠陥

「Getty Images」より スルガ銀行のシェアハウス融資資料改ざんを発端とした事件は、同行経営


-