日経平均は83円安、業種別値下がり率上位は食料品、不動産、パルプ紙など|マネブ

マネブNEWS:〔2017.11.21〕1口1万円、「小口不動産投資」で何が変わるか新興 現在の記事数:251707件

-

日経平均は83円安、業種別値下がり率上位は食料品、不動産、パルプ紙など


 8日午前10時時点の日経平均株価は前日比83円22銭安の1万9313円30銭。朝方は、1ドル=108円台前半への円高・ドル安が重しとなり、売りが先行した。その後下げ渋る場面もあったが、円強含みもあって再度軟化し、一時1万9294円80銭(前日比101円72銭安)まで下落した。一巡後の戻りは鈍く安値圏で推移している。9日の北朝鮮の建国記念日を前に地政学リスクへの警戒感も根強く、手控え気分となっている。 東証1部の騰落銘柄数は値上がり832、値下がり1031。東証業種別株価指数では全33業種中、21業種が下落している。値下がり率上位業種は、食料品、不動産、パルプ紙など。値上がり率上位業種は、その他製品、ガラス土石、サービスなど。午前10時ごろの値上がり率上位銘柄(東証1部)・キムラタン<8107>・木村化<6378>・Nフィールド<6077>・モリテック<5986>・シュッピン<3179>午前10時ごろの値下がり率上位銘柄(東証1部)・くら<2695>・オリジン<6513>・早稲アカ<4718>・エスクロAJ<6093>・ラクトJ<3139>提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
1口1万円、「小口不動産投資」で何が変わるか新興企業トップにロングインタビュー

「不動産とクラウドファンディングの相性は非常にいいので、数兆円のマーケットになる可能性がある」と語る

画像
東急田園都市線、「鉄板のセレブ路線」に異変? 不動産価値下落エリアは?

二子玉川駅ホーム(「Wikipedia」より/Nyao148) 2017年の基準地価(都道府県地価調

画像
日経平均は400円程度高、業種別では鉄鋼、不動産、その他金融が値上がり率上位

 9日午前11時5分すぎの日経平均株価は、前日比400円程度高い2万3320円前後で推移している。株

画像
小田急新ダイヤは不動産相場をどう変えるか実は世田谷区内の利便性がアップ

現在、小田急線と東京メトロ千代田線直通の主力となっている「多摩急行」。2018年3月のダイヤ改正で姿

画像
会社員をやりながら月5万円の副収入…空き家激増は不動産投資にとって大チャンスか

『3年で年収1億円を稼ぐ「再生」不動産投資』の著者で不動産投資家の天野真吾氏 ビジネスパーソンの副業

画像
会社員の副業で人気の不動産投資、今がチャンスの理由

『3年で年収1億円を稼ぐ「再生」不動産投資』の著者で不動産投資家の天野真吾氏 ビジネスパーソンの副業


-