日経平均は104円安、業種別値下がり率上位は銀行、輸送用機器、不動産など|マネブ

マネブNEWS:〔2017.12.16〕やっぱりバブルの今を読み解くポイント7選不動産神 現在の記事数:253001件

-

日経平均は104円安、業種別値下がり率上位は銀行、輸送用機器、不動産など


 18日午前10時時点の日経平均株価は前週末比104円10銭安の2万14円76銭。朝方は、対ドルでの円高が重しとなり、売りが先行した。株価指数先物売りを交えて軟調に推移している。日本銀行が行っているETF(上場投資信託)の買い入れの持続可能性について、日銀内から懸念の声が上がっているなどと外資系メディアが伝え、相場の重しとなっているもよう。 東証1部の騰落銘柄数は値上がり689、値下がり1162。東証業種別株価指数では全33業種中、27業種が下落している。値下がり率上位業種は、銀行、輸送用機器、不動産など。値上がり率上位業種は、鉱業、水産農林、その他製品など。午前10時ごろの値上がり率上位銘柄(東証1部)・ヨシムラFH<2884>・ランド<8918>・北の達人<2930>・パソナ<2168>・CTS<4345>午前10時ごろの値下がり率上位銘柄(東証1部)・メディアドゥ<3678>・ヒトコム<3654>・ポケットC<8519>・エンシュウ<6218>・ヘリオスHD<6927>提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
やっぱりバブルの今を読み解くポイント7選不動産神話の復活と過剰な貸し出しに注意だ

波乱の相場をどう読み解いたらいいでしょうか(写真:bee / PIXTA)マネーバブルが吹き荒れよう

画像
「区政ファースト」千代田区長に、「税金の無駄遣い」「不動産業者との不適切な関係」と疑いの目が!

千代田区長 石川まさみ オフィシャルサイトより 小池百合子東京都知事が特別顧問を務める「都民ファース

画像
フジテレビが赤字転落、もはや不動産会社がテレビ局を経営している状態

FCGビル(「Wikipedia」より) 民放キー局の2017年4~9月期決算によると、フジ・メディ

画像
<新興国eye>S&P、ベトナム不動産開発最大手ビングループを格上げ―不動産業で過去最高

 米格付け大手のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はこのほど、ベトナム不動産開発最大手ビングル

画像
日本の不動産バブル崩壊は、中国からやってくる

「Thinkstock」より 不動産の資産価値を評価する鑑定法は、主に3つある。(1)収益還元法(2

画像
<新興国eye>前週の上海総合指数、不動産・金融株の利益確定売り3週続落で=BRICs市況

 前週(11月27日−12月1日)の中国株式市場は主要指標となる上海総合指数の12月1日終値が11月


-