日経平均は304円安、1万9000円割れ、業種別値下がり率上位は保険、不動産、証券商品先物など|マネブ

マネブNEWS:〔2018.04.25〕日経平均は148円高と3日ぶり反発、円安進行で買 現在の記事数:259939件

-

日経平均は304円安、1万9000円割れ、業種別値下がり率上位は保険、不動産、証券商品先物など


 27日午前10時2分時点の日経平均株価は前週末比304円47銭安の1万8958円06銭。取引時間中での1万9000円割れは23日以来2日ぶり。米政権への先行き不透明感を背景にしたNYダウの続落や円高・ドル安を嫌気し、売りが先行した。株価指数先物売りを交えて下げ幅を拡大し、軟調に推移している。 東証1部の騰落銘柄数は値上がり265、値下がり1637。東証業種別株価指数では全33業種が下落している。値下がり率上位業種は、保険、不動産、証券商品先物など。午前10時ごろの値上がり率上位銘柄(東証1部)・日精線<5659>・GMB<7214>・エアーテック<6291>・トランザク<7818>・SKジャパン<7608>午前10時ごろの値下がり率上位銘柄(東証1部)・KLab<3656>・池上通信<6771>・洋鋼鈑<5453>・東芝<6502>(監理)・北の達人<2930>提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
日経平均は148円高と3日ぶり反発、円安進行で買い優勢、銀行・不動産株など広範囲に物色=24日前場

 24日前場の日経平均株価は前日比148円49銭高の2万2236円53銭と3営業日ぶりに反発。朝方は

画像
「不動産会社化する」東急電鉄、渋谷「大変貌」再開発に巨額投資の狙い

東急田園都市線(「wikipedia」より)“ポスト東京五輪”をにらんだ、企業トップの交代が相次いで

画像
不動産会社の「家を買っても大丈夫」は要注意?住宅ローン「返せる額」を知る方法

「Gettyimages」より 私は有料相談専門のファイナンシャル・プランナー(FP)として、年間3

画像
日経平均は330円程度高、業種別では医薬品、精密機器、不動産が上昇率上位

 5日午前11時4分すぎの日経平均株価は、前日比330円程度高い2万1650円前後で推移している。朝

画像
家賃保証を疑わない人が嵌る不動産投資の罠大金をつぎ込んで起業することと同じだ

多発するトラブルの背景にあるのは?(写真:KY / PIXTA)いつの世も絶えない投資トラブル。なぜ

画像
不動産屋が扱わない「空き家」が売れるワケ空き家マッチングサイトの知られざる実情

その空き家は、自分には不要でも、他の人には魅力的な条件がそろっている物件かもしれない(写真:佐藤正樹


-