【ブラジル】新築市場、最悪の一年 サンパウロ市内、成約数2割減|マネブ

マネブNEWS:〔2018.02.22〕ケリーバックス、ビットコインで億単位の決済可能な 現在の記事数:256784件

-

【ブラジル】新築市場、最悪の一年 サンパウロ市内、成約数2割減


 サンパウロ商用・住宅不動産売買・賃貸・管理業者組合(Secovi―SP)の14日発表によると、サンパウロ市内の新築分譲住宅の2016年の成約数は前年の2万100戸に対して19.7%減の1万6200戸だった。この数字は16年がサンパウロ市内の新築分譲住宅市場にとって最悪の1年だったということを示している。同市内における年間の成約数は、04~15年の平均で2万8700戸。16年の結果はこれを43.6%下回るものだ。

 また、ブラジル資産調査社(Embraesp)のまとめによると、同市内で昨年1年間に新規発売された住宅の数は15年の2万3000戸に比べて23.3%少ない1万7600戸だった。発売戸数の大幅な落ち込みは15年に続いて2年連続。15年の発売戸数は14年よりも32.4%少なかった。

 16年には専有面積が46~65平方メートル、価格が22万5000~50万レアルの2寝室タイプの物件が発売、成約ともにサンパウロ市内においては最も多かった。

 16年は非常に厳しい1年となったが、17年はどうか。同組合のフラビオ・アマリィ会長は「17年に向けての見方はポジティブであり、それは景気の緩やかな回復、インフレ率並びに不動産融資を含む金利の低下に根ざしている。雇用・所得の創出と投資の再開は、不動産市場が今年5~10%拡大するという見方に我々を導くものだ」と楽観的に見ている。

サンパウロ新聞

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
ケリーバックス、ビットコインで億単位の決済可能な不動産店舗オープン

 投資用中古不動産の売買などを手掛けるケリーバックスが20日、東京都港区の麻布十番にビットコインでも

画像
不動産投資で儲けられない人が陥る3つの罠空前のブームに潜む空室リスクを見落とすな

手堅く儲けるはずが思いどおりにいかない典型例を紹介します(写真:freeangle / PIXTA)

画像
正直は嘘に勝てるのか? 不動産業界の闇を暴露する超エグいマンガ

※画像:『正直不動産』(大谷アキラ作、水野光博脚本、夏原武原案、小学館刊) 一人暮らしを始めるための

画像
東京周辺の新築マンション、極度の販売不振で値引き横行…「中国発」不動産バブル崩壊か

「Thinkstock」より 近年、日本の不動産市場は金融化するとともに国際化した。個人、企業、ある

画像
日経平均は34円安、一時上げ転換も買い続かず、業種別値下がり率上位はその他金融、鉄鋼、不動産など

 31日午前10時時点の日経平均株価は前日比34円41銭安の2万3257円56銭。朝方は、米長期金利

画像
【横浜傾斜マンション】三井不動産、建て替え費用全額を下請業者に請求…ドロ沼裁判へ

傾斜したパークシティLaLa横浜の連結部(「wikipedia」より) 横浜市都筑区のマンション「パ


-