【ブラジル】新築市場、最悪の一年 サンパウロ市内、成約数2割減|マネブ

マネブNEWS:〔2018.04.25〕日経平均は148円高と3日ぶり反発、円安進行で買 現在の記事数:259939件

-

【ブラジル】新築市場、最悪の一年 サンパウロ市内、成約数2割減


 サンパウロ商用・住宅不動産売買・賃貸・管理業者組合(Secovi―SP)の14日発表によると、サンパウロ市内の新築分譲住宅の2016年の成約数は前年の2万100戸に対して19.7%減の1万6200戸だった。この数字は16年がサンパウロ市内の新築分譲住宅市場にとって最悪の1年だったということを示している。同市内における年間の成約数は、04~15年の平均で2万8700戸。16年の結果はこれを43.6%下回るものだ。

 また、ブラジル資産調査社(Embraesp)のまとめによると、同市内で昨年1年間に新規発売された住宅の数は15年の2万3000戸に比べて23.3%少ない1万7600戸だった。発売戸数の大幅な落ち込みは15年に続いて2年連続。15年の発売戸数は14年よりも32.4%少なかった。

 16年には専有面積が46~65平方メートル、価格が22万5000~50万レアルの2寝室タイプの物件が発売、成約ともにサンパウロ市内においては最も多かった。

 16年は非常に厳しい1年となったが、17年はどうか。同組合のフラビオ・アマリィ会長は「17年に向けての見方はポジティブであり、それは景気の緩やかな回復、インフレ率並びに不動産融資を含む金利の低下に根ざしている。雇用・所得の創出と投資の再開は、不動産市場が今年5~10%拡大するという見方に我々を導くものだ」と楽観的に見ている。

サンパウロ新聞

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
日経平均は148円高と3日ぶり反発、円安進行で買い優勢、銀行・不動産株など広範囲に物色=24日前場

 24日前場の日経平均株価は前日比148円49銭高の2万2236円53銭と3営業日ぶりに反発。朝方は

画像
「不動産会社化する」東急電鉄、渋谷「大変貌」再開発に巨額投資の狙い

東急田園都市線(「wikipedia」より)“ポスト東京五輪”をにらんだ、企業トップの交代が相次いで

画像
不動産会社の「家を買っても大丈夫」は要注意?住宅ローン「返せる額」を知る方法

「Gettyimages」より 私は有料相談専門のファイナンシャル・プランナー(FP)として、年間3

画像
日経平均は330円程度高、業種別では医薬品、精密機器、不動産が上昇率上位

 5日午前11時4分すぎの日経平均株価は、前日比330円程度高い2万1650円前後で推移している。朝

画像
家賃保証を疑わない人が嵌る不動産投資の罠大金をつぎ込んで起業することと同じだ

多発するトラブルの背景にあるのは?(写真:KY / PIXTA)いつの世も絶えない投資トラブル。なぜ

画像
不動産屋が扱わない「空き家」が売れるワケ空き家マッチングサイトの知られざる実情

その空き家は、自分には不要でも、他の人には魅力的な条件がそろっている物件かもしれない(写真:佐藤正樹


-