【ブラジル】新築市場、最悪の一年 サンパウロ市内、成約数2割減|マネブ

マネブNEWS:〔2017.05.23〕不動産業界の「経験と勘」ビジネスが終わる日国交省 現在の記事数:240590件

-

【ブラジル】新築市場、最悪の一年 サンパウロ市内、成約数2割減


 サンパウロ商用・住宅不動産売買・賃貸・管理業者組合(Secovi―SP)の14日発表によると、サンパウロ市内の新築分譲住宅の2016年の成約数は前年の2万100戸に対して19.7%減の1万6200戸だった。この数字は16年がサンパウロ市内の新築分譲住宅市場にとって最悪の1年だったということを示している。同市内における年間の成約数は、04~15年の平均で2万8700戸。16年の結果はこれを43.6%下回るものだ。

 また、ブラジル資産調査社(Embraesp)のまとめによると、同市内で昨年1年間に新規発売された住宅の数は15年の2万3000戸に比べて23.3%少ない1万7600戸だった。発売戸数の大幅な落ち込みは15年に続いて2年連続。15年の発売戸数は14年よりも32.4%少なかった。

 16年には専有面積が46~65平方メートル、価格が22万5000~50万レアルの2寝室タイプの物件が発売、成約ともにサンパウロ市内においては最も多かった。

 16年は非常に厳しい1年となったが、17年はどうか。同組合のフラビオ・アマリィ会長は「17年に向けての見方はポジティブであり、それは景気の緩やかな回復、インフレ率並びに不動産融資を含む金利の低下に根ざしている。雇用・所得の創出と投資の再開は、不動産市場が今年5~10%拡大するという見方に我々を導くものだ」と楽観的に見ている。

サンパウロ新聞

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
不動産業界の「経験と勘」ビジネスが終わる日国交省も本気!「データ集約」で激変する未来

不動産の価格査定は、非常に大ざっぱであるのが現状だ(撮影:今井康一)「不動産の価格査定とは、こんなに

画像
不動産投資の初心者は新築物件を買うな! シロウトがハマる失敗ルートとは

※画像:『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』(SBクリエイ

画像
日経平均は33円安、業種別値上がり率上位は不動産、水産農林、パルプ紙=15日後場

 15日午後1時30分時点の日経平均株価は、前週末比33円40銭安の1万9850円50銭。後場は買い

画像
日経平均は14円安と小幅続落、売り先行後は下げ渋る、不動産株など上昇=15日後場

 15日の日経平均株価は前週末比14円05銭安の1万9869円85銭と小幅続落。前場は、円強含みが重

画像
悪質「不動産コンサル」の食い物になる人たち不当な「マージン」の慣習はいつまで続くのか

不自然に安すぎるコンサルには、注意が必要だ(写真:夏夫 / PIXTA)不動産・建設業界はバックマー

画像
中国の不動産投資、1─3月は9.1%増へと加速前年比で新築着工増加、4月以降鈍化予測も

 4月17日、中国国家統計局が発表した1─3月の不動産投資は前年比9.1%増と、1―2月の8.9%増


-