内田康夫さんが休筆宣言 未完の小説、完結編は公募で|マネブ

マネブNEWS:〔2017.05.23〕不動産業界の「経験と勘」ビジネスが終わる日国交省 現在の記事数:240846件

-

内田康夫さんが休筆宣言 未完の小説、完結編は公募で


内田康夫さんが休筆宣言 未完の小説、完結編は公募で

内田康夫さん

 「浅見光彦シリーズ」などで知られる作家、内田康夫さん(82)が、休筆宣言をした。2015年夏に脳梗塞(こうそく)に倒れ、小説執筆が難しくなったという。同シリーズとして毎日新聞夕刊に連載中に中断していた小説「孤道」は未完のまま刊行する一方、続編を公募して完結させることになった。

 毎日新聞出版によると、シリーズの累計発行部数は約9600万部。その114冊目となる「孤道」は、2014年12月に連載が始まった。和歌山・熊野古道の石像「牛馬童子」の首が切られて頭部が持ち去られ、地元の不動産会社社長が殺害された事件で、ルポライターの浅見が捜査に協力するストーリー。謎が提示され、これから解決という段階で、内田さんは左半身にマヒが残り、書き続けることが難しくなった。

 「完結編」の募集は、本が発売される5月12日から来年4月末日まで。プロアマを問わず、400字詰め原稿用紙で350~500枚。最優秀作は講談社文庫から出版される。

 軽井沢在住の内田さんは「僕が休筆すると聞いて、浅見光彦は『これで軽井沢のセンセに、あることないことを書かれなくてすむ』と思うことでしょう。でも、どなたかが僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いてください」「完結編を書けないことが、返す返すも残念ですが、後続の英才に期待します」とコメントしている。

 公募についての特設サイト(http://www.mainichi.co.jp/kodo/)が21日にオープンした。(木元健二)

朝日新聞社

【関連記事】 「騎士団長殺し」舞台、沸く小田原 題材?の人・梅林… 「スペック向上、ハルキ・ムラカミ車の最新モデル」 十津川警部・9係…親しまれた刑事役 渡瀬恒彦さん死去 「聖徳太子」「鎖国」復活へ 指導要領改訂案を修正 伊勢丹メンズ館の立役者、まさかの社長退任劇の舞台裏
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
不動産業界の「経験と勘」ビジネスが終わる日国交省も本気!「データ集約」で激変する未来

不動産の価格査定は、非常に大ざっぱであるのが現状だ(撮影:今井康一)「不動産の価格査定とは、こんなに

画像
不動産投資の初心者は新築物件を買うな! シロウトがハマる失敗ルートとは

※画像:『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』(SBクリエイ

画像
日経平均は33円安、業種別値上がり率上位は不動産、水産農林、パルプ紙=15日後場

 15日午後1時30分時点の日経平均株価は、前週末比33円40銭安の1万9850円50銭。後場は買い

画像
日経平均は14円安と小幅続落、売り先行後は下げ渋る、不動産株など上昇=15日後場

 15日の日経平均株価は前週末比14円05銭安の1万9869円85銭と小幅続落。前場は、円強含みが重

画像
悪質「不動産コンサル」の食い物になる人たち不当な「マージン」の慣習はいつまで続くのか

不自然に安すぎるコンサルには、注意が必要だ(写真:夏夫 / PIXTA)不動産・建設業界はバックマー

画像
中国の不動産投資、1─3月は9.1%増へと加速前年比で新築着工増加、4月以降鈍化予測も

 4月17日、中国国家統計局が発表した1─3月の不動産投資は前年比9.1%増と、1―2月の8.9%増


-