内田康夫さんが休筆宣言 未完の小説、完結編は公募で|マネブ

マネブNEWS:〔2017.11.21〕1口1万円、「小口不動産投資」で何が変わるか新興 現在の記事数:251707件

-

内田康夫さんが休筆宣言 未完の小説、完結編は公募で


内田康夫さんが休筆宣言 未完の小説、完結編は公募で

内田康夫さん

 「浅見光彦シリーズ」などで知られる作家、内田康夫さん(82)が、休筆宣言をした。2015年夏に脳梗塞(こうそく)に倒れ、小説執筆が難しくなったという。同シリーズとして毎日新聞夕刊に連載中に中断していた小説「孤道」は未完のまま刊行する一方、続編を公募して完結させることになった。

 毎日新聞出版によると、シリーズの累計発行部数は約9600万部。その114冊目となる「孤道」は、2014年12月に連載が始まった。和歌山・熊野古道の石像「牛馬童子」の首が切られて頭部が持ち去られ、地元の不動産会社社長が殺害された事件で、ルポライターの浅見が捜査に協力するストーリー。謎が提示され、これから解決という段階で、内田さんは左半身にマヒが残り、書き続けることが難しくなった。

 「完結編」の募集は、本が発売される5月12日から来年4月末日まで。プロアマを問わず、400字詰め原稿用紙で350~500枚。最優秀作は講談社文庫から出版される。

 軽井沢在住の内田さんは「僕が休筆すると聞いて、浅見光彦は『これで軽井沢のセンセに、あることないことを書かれなくてすむ』と思うことでしょう。でも、どなたかが僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いてください」「完結編を書けないことが、返す返すも残念ですが、後続の英才に期待します」とコメントしている。

 公募についての特設サイト(http://www.mainichi.co.jp/kodo/)が21日にオープンした。(木元健二)

朝日新聞社

【関連記事】 「騎士団長殺し」舞台、沸く小田原 題材?の人・梅林… 「スペック向上、ハルキ・ムラカミ車の最新モデル」 十津川警部・9係…親しまれた刑事役 渡瀬恒彦さん死去 「聖徳太子」「鎖国」復活へ 指導要領改訂案を修正 伊勢丹メンズ館の立役者、まさかの社長退任劇の舞台裏
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
1口1万円、「小口不動産投資」で何が変わるか新興企業トップにロングインタビュー

「不動産とクラウドファンディングの相性は非常にいいので、数兆円のマーケットになる可能性がある」と語る

画像
東急田園都市線、「鉄板のセレブ路線」に異変? 不動産価値下落エリアは?

二子玉川駅ホーム(「Wikipedia」より/Nyao148) 2017年の基準地価(都道府県地価調

画像
日経平均は400円程度高、業種別では鉄鋼、不動産、その他金融が値上がり率上位

 9日午前11時5分すぎの日経平均株価は、前日比400円程度高い2万3320円前後で推移している。株

画像
小田急新ダイヤは不動産相場をどう変えるか実は世田谷区内の利便性がアップ

現在、小田急線と東京メトロ千代田線直通の主力となっている「多摩急行」。2018年3月のダイヤ改正で姿

画像
会社員をやりながら月5万円の副収入…空き家激増は不動産投資にとって大チャンスか

『3年で年収1億円を稼ぐ「再生」不動産投資』の著者で不動産投資家の天野真吾氏 ビジネスパーソンの副業

画像
会社員の副業で人気の不動産投資、今がチャンスの理由

『3年で年収1億円を稼ぐ「再生」不動産投資』の著者で不動産投資家の天野真吾氏 ビジネスパーソンの副業


-