(朝鮮日報日本語版) 【社説】「世界経済の春」 韓国だけ取り残されるのか|マネブ

マネブNEWS:〔2017.05.23〕不動産業界の「経験と勘」ビジネスが終わる日国交省 現在の記事数:240590件

-

(朝鮮日報日本語版) 【社説】「世界経済の春」 韓国だけ取り残されるのか


 2008年の世界的な金融危機以降、低迷を続けてきた世界経済がほぼ10年ぶりに回復局面に差し掛かっているとの分析が聞かれる。米中という二大国と先進国、新興国の経済指標が一斉に改善の兆しを見せている。英経済誌「エコノミスト」最新号は「世界の景気は製造業で回復基調が目立つ」とし、「世界経済の驚くべき成長」という見出しを掲げた。

 米国の2月の就業者数が市場予想を上回る伸びを示す一方、失業保険の請求者は過去43年で最低となった。ユーロ圏の1月の新規雇用創出は9年ぶりの高水準となり、日本は今年の経済成長見通しを上方修正した。年初来の輸出が11%増加した中国をはじめ、インド、ロシア、ブラジル、東南アジアなどの新興国経済も不振から脱出しつつある。

 世界経済の「春」が訪れたかどうかはまだ断言できない。しかし、少しずつ改善しつつある流れに韓国だけが乗りきれておらず心配だ。成長率はようやく2%台で、内需は冷え込んでいる。家計の消費性向が過去最低に落ち込み、小売売上高はマイナスを続けている。失業者数は過去17年で最多となった。各種指標のうち、唯一好調な輸出は一部大企業に限ってのことで、中小企業や庶民経済に春風は吹き込んでいない。世界の主要経済圏でほぼ唯一だ。

 対外環境が好転しても恩恵にあずかれないとすれば、それは韓国の自業自得だ。不振業種の構造調整を進め、産業の競争力を高めるための努力を怠った。大宇造船海洋、海運業の構造調整は遅れに遅れ、まだ進行中だ。規制を緩和し、新産業を育成するのではなく、政府は資金を供給し、不動産価格を上昇させる政策に依存。国会は経済活性化法案成立の足を引っ張った。その結果、経済活力がなくなり、家計債務ばかりが雪だるま式に膨らむ歪んだ経済体質となってしまった。

 韓国経済学会はこのほど開いた政策セミナーで、韓国経済が直面する状況を「絶対的危機」と警告した。政界、政府が今からでもしっかりしなければ、世界経済が実際に回復してもその列から落ちこぼれ、好景気は他人事になってしまう。

【関連記事】 「韓国から夕食会への招待なかった」 米国務長官発言が物議 【コラム】韓国大統領の「悲運」は朴槿恵で終わるのか 【コラム】「パーフェクトストーム」に襲われかねない韓米同盟 【コラム】引退した孫延在に石を投げる人たち 【コラム】WBC韓国惨敗、安全志向の芸能人野球が没落した日
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
不動産業界の「経験と勘」ビジネスが終わる日国交省も本気!「データ集約」で激変する未来

不動産の価格査定は、非常に大ざっぱであるのが現状だ(撮影:今井康一)「不動産の価格査定とは、こんなに

画像
不動産投資の初心者は新築物件を買うな! シロウトがハマる失敗ルートとは

※画像:『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』(SBクリエイ

画像
日経平均は33円安、業種別値上がり率上位は不動産、水産農林、パルプ紙=15日後場

 15日午後1時30分時点の日経平均株価は、前週末比33円40銭安の1万9850円50銭。後場は買い

画像
日経平均は14円安と小幅続落、売り先行後は下げ渋る、不動産株など上昇=15日後場

 15日の日経平均株価は前週末比14円05銭安の1万9869円85銭と小幅続落。前場は、円強含みが重

画像
悪質「不動産コンサル」の食い物になる人たち不当な「マージン」の慣習はいつまで続くのか

不自然に安すぎるコンサルには、注意が必要だ(写真:夏夫 / PIXTA)不動産・建設業界はバックマー

画像
中国の不動産投資、1─3月は9.1%増へと加速前年比で新築着工増加、4月以降鈍化予測も

 4月17日、中国国家統計局が発表した1─3月の不動産投資は前年比9.1%増と、1―2月の8.9%増


-