【ドイツ】空港運営フラポート、通期は35.8%増益|マネブ

マネブNEWS:〔2017.05.23〕不動産業界の「経験と勘」ビジネスが終わる日国交省 現在の記事数:240750件

-

【ドイツ】空港運営フラポート、通期は35.8%増益


 ドイツの空港運営大手フラポートは17日、2016年12月通期の純利益が3億7,540万ユーロとなり、前期比35.8%増加したと発表した。露サンクトペテルブルク・プルコボ空港の株式の売却益や、フィリピンの空港ターミナル接収をめぐる補償金の受け取りが業績を押し上げた。
 売上高は0.5%減の25億8,620万ユーロ。うち主力の航空部門は9億1,020万ユーロと、1.8%減少した。地上業務部門も6.3%の減収となった。一方、小売・不動産部門は1.2%増加した。グループのEBITDA(利払い・税引き前・償却費控除前利益)は10億5,410万ユーロと、24.2%増えている。
 フランクフルト空港の利用者数は、1年前を0.4%下回り6,078万6,937人にとどまった。フラポートは、独ルフトハンザ航空の乗客数が伸び悩んでいることから、格安航空会社の乗り入れを引き続き拡大する方針を示している。
 同社は当期、プルコボ空港を運営するノーザン・キャピタル・ゲートウェイ(NCG)の株式10%をカタール投資庁(QIA)に売却。フィリピンのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)第3ターミナルをめぐる問題では、国際コンソーシアムのフィリピン・インターナショナル・エア・ターミナルズ(PIATCO)を通じてフィリピン政府から約2億7,000万ドルを補償金を受け取り、10年以上に及んだ紛争に決着が着いた。
 フラポートは今年について、売上高が最大29億ユーロに達し、EBITDAは10億2,000万ユーロに増えるとの見方を示した。同社は2015年にギリシャの地方14空港の長期運営権を獲得しており、間もなく運営を開始する予定だ。[M&A]

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
不動産業界の「経験と勘」ビジネスが終わる日国交省も本気!「データ集約」で激変する未来

不動産の価格査定は、非常に大ざっぱであるのが現状だ(撮影:今井康一)「不動産の価格査定とは、こんなに

画像
不動産投資の初心者は新築物件を買うな! シロウトがハマる失敗ルートとは

※画像:『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』(SBクリエイ

画像
日経平均は33円安、業種別値上がり率上位は不動産、水産農林、パルプ紙=15日後場

 15日午後1時30分時点の日経平均株価は、前週末比33円40銭安の1万9850円50銭。後場は買い

画像
日経平均は14円安と小幅続落、売り先行後は下げ渋る、不動産株など上昇=15日後場

 15日の日経平均株価は前週末比14円05銭安の1万9869円85銭と小幅続落。前場は、円強含みが重

画像
悪質「不動産コンサル」の食い物になる人たち不当な「マージン」の慣習はいつまで続くのか

不自然に安すぎるコンサルには、注意が必要だ(写真:夏夫 / PIXTA)不動産・建設業界はバックマー

画像
中国の不動産投資、1─3月は9.1%増へと加速前年比で新築着工増加、4月以降鈍化予測も

 4月17日、中国国家統計局が発表した1─3月の不動産投資は前年比9.1%増と、1―2月の8.9%増


-