【ドイツ】空港運営フラポート、通期は35.8%増益|マネブ

マネブNEWS:〔2018.04.17〕「不動産会社化する」東急電鉄、渋谷「大変貌」再開 現在の記事数:259821件

-

【ドイツ】空港運営フラポート、通期は35.8%増益


 ドイツの空港運営大手フラポートは17日、2016年12月通期の純利益が3億7,540万ユーロとなり、前期比35.8%増加したと発表した。露サンクトペテルブルク・プルコボ空港の株式の売却益や、フィリピンの空港ターミナル接収をめぐる補償金の受け取りが業績を押し上げた。
 売上高は0.5%減の25億8,620万ユーロ。うち主力の航空部門は9億1,020万ユーロと、1.8%減少した。地上業務部門も6.3%の減収となった。一方、小売・不動産部門は1.2%増加した。グループのEBITDA(利払い・税引き前・償却費控除前利益)は10億5,410万ユーロと、24.2%増えている。
 フランクフルト空港の利用者数は、1年前を0.4%下回り6,078万6,937人にとどまった。フラポートは、独ルフトハンザ航空の乗客数が伸び悩んでいることから、格安航空会社の乗り入れを引き続き拡大する方針を示している。
 同社は当期、プルコボ空港を運営するノーザン・キャピタル・ゲートウェイ(NCG)の株式10%をカタール投資庁(QIA)に売却。フィリピンのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)第3ターミナルをめぐる問題では、国際コンソーシアムのフィリピン・インターナショナル・エア・ターミナルズ(PIATCO)を通じてフィリピン政府から約2億7,000万ドルを補償金を受け取り、10年以上に及んだ紛争に決着が着いた。
 フラポートは今年について、売上高が最大29億ユーロに達し、EBITDAは10億2,000万ユーロに増えるとの見方を示した。同社は2015年にギリシャの地方14空港の長期運営権を獲得しており、間もなく運営を開始する予定だ。[M&A]

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
「不動産会社化する」東急電鉄、渋谷「大変貌」再開発に巨額投資の狙い

東急田園都市線(「wikipedia」より)“ポスト東京五輪”をにらんだ、企業トップの交代が相次いで

画像
不動産会社の「家を買っても大丈夫」は要注意?住宅ローン「返せる額」を知る方法

「Gettyimages」より 私は有料相談専門のファイナンシャル・プランナー(FP)として、年間3

画像
日経平均は330円程度高、業種別では医薬品、精密機器、不動産が上昇率上位

 5日午前11時4分すぎの日経平均株価は、前日比330円程度高い2万1650円前後で推移している。朝

画像
家賃保証を疑わない人が嵌る不動産投資の罠大金をつぎ込んで起業することと同じだ

多発するトラブルの背景にあるのは?(写真:KY / PIXTA)いつの世も絶えない投資トラブル。なぜ

画像
不動産屋が扱わない「空き家」が売れるワケ空き家マッチングサイトの知られざる実情

その空き家は、自分には不要でも、他の人には魅力的な条件がそろっている物件かもしれない(写真:佐藤正樹

画像
斬新!思わず驚くユニーク不動産物件5選「物件ファン」中の人が選ぶ

特に驚いた物件や印象深かった物件とは?(画像提供/物件ファン)みなさん、「物件ファン」というサイトを


-