不動産投資2017年の見通し 円高進行なら好機が訪れる|マネブ

マネブNEWS:〔2017.12.16〕やっぱりバブルの今を読み解くポイント7選不動産神 現在の記事数:253001件

-

不動産投資2017年の見通し 円高進行なら好機が訪れる


新年あけましておめでとうございます。年が明けて新年の誓いを立てた人も多いのではないでしょうか? なかには不動産投資に関する目標設定をした人もいることと思います。

今年は不動産投資にとって良い年になるのでしょうか? それとも投資を控えるべき年になるのでしょうか?

不動産投資2017年の見通し 円高進行なら好機が訪れる

しばらく規制緩和は進まなそう

民泊新法制定の先送り

まずは、2017年に施行予定だった民泊新法についてです。

2016年秋に召集された臨時国会での法案提出が見送られたことで、民泊新法の施行が先送りとなりました。

宿泊日数制限を年間何日までにするのか等で関係者間の調整が難航したため、臨時国会での法案提出を断念したようです。

それまで2017年の施行を目指した民泊新法ですが、当初の予定から遅れて施行されることになりそうです。その遅れは、不動産投資にも影響を与えそうです。

2016年、大田区や大阪府といった国家戦略特区において民泊が認められて以来、不動産投資の一形態としての地位を築くものと期待されていた民泊。

旅館業界への配慮もあり、特区以外での民泊の規制緩和は進んでいないのが現状です。

それに加えて民泊新法の施行が遅れてしまうとなれば、しばらくの間規制緩和を期待することはできないでしょう。

このような状況では、不動産投資の対象としての魅力はさほど感じられません。

不動産投資2017年の見通し 円高進行なら好機が訪れる

円高なら不動産投資家にとっては好機

トランプ新政権の誕生

また、トランプ大統領の誕生も不動産投資に影響を与える可能性が大きいと考えられます。

アメリカ大統領選挙でトランプ氏の勝利が濃厚となるやいなや、東京の株式市場では日経平均が1000円を超えて下落。

105円台だった為替相場は一気に101円台へと急激な円高が進むなど、金融市場では混乱が生じました。

トランプ氏の大統領就任後も、当面はトランプ政権の政策に対する不透明感が漂うと考えられ、トランプ大統領がどのような政策を推し進めるのかを見極めるまでは、投資家はリスクテイクに慎重になることが予想されます。

そして、トランプ政権に対する不透明感が薄れて円高が進行するようであれば、日本の不動産を売却して利益を確定する外国人投資家も増えるでしょう。

このタイミングが国内の不動産投資家にとっては好機となります。なぜなら、相場より安い価格で市場に出回る優良物件が増加するからです。

また、2017年は欧州でも政治に対する不透明感が増す1年になりそうです。

3月にはオランダ総選挙、4月から5月に掛けてはフランス大統領選、6月にはフランス総選挙、8月から10月頃にはドイツでの総選挙が予定されています。

これらの選挙で、各国の反イスラムやEU離脱の流れが加速すれば、ヨーロッパにおける政情不安が強まることに。

混沌としたヨーロッパの政情が、日本においては良質な物件の流通へとつながる年になるよう願いましょう。(執筆者:内田 陽一)

【関連記事】 賃貸ポータルサイトの「功罪」 家賃の高止まりと不動産業界の本末転倒 民泊ビジネスは本当に儲かるのか?(1) 「民宿」との違いや「民泊新法」について 【相続税対策】マンションを「建てる」か「購入」すると節税効果も狙えます 貯金ないんだけど… 自己資金が少ない人でも融資が受けられ不動産投資手法とは いま投資するなら「中古タワマンの上層階」が狙い目? タワマン相続税見直し、適用後はこう変わる
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
やっぱりバブルの今を読み解くポイント7選不動産神話の復活と過剰な貸し出しに注意だ

波乱の相場をどう読み解いたらいいでしょうか(写真:bee / PIXTA)マネーバブルが吹き荒れよう

画像
「区政ファースト」千代田区長に、「税金の無駄遣い」「不動産業者との不適切な関係」と疑いの目が!

千代田区長 石川まさみ オフィシャルサイトより 小池百合子東京都知事が特別顧問を務める「都民ファース

画像
フジテレビが赤字転落、もはや不動産会社がテレビ局を経営している状態

FCGビル(「Wikipedia」より) 民放キー局の2017年4~9月期決算によると、フジ・メディ

画像
<新興国eye>S&P、ベトナム不動産開発最大手ビングループを格上げ―不動産業で過去最高

 米格付け大手のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はこのほど、ベトナム不動産開発最大手ビングル

画像
日本の不動産バブル崩壊は、中国からやってくる

「Thinkstock」より 不動産の資産価値を評価する鑑定法は、主に3つある。(1)収益還元法(2

画像
<新興国eye>前週の上海総合指数、不動産・金融株の利益確定売り3週続落で=BRICs市況

 前週(11月27日−12月1日)の中国株式市場は主要指標となる上海総合指数の12月1日終値が11月


-