米国株は高安まちまち、ナスダックは最高値更新 ダウ続落|マネブ

マネブNEWS:〔2017.05.23〕不動産業界の「経験と勘」ビジネスが終わる日国交省 現在の記事数:240590件

-

米国株は高安まちまち、ナスダックは最高値更新 ダウ続落


米国株は高安まちまち、ナスダックは最高値更新 ダウ続落

 1月10日、米国株式市場は高安まちまちで取引を終えた。写真はNY証券取引所のトレーダー、9日撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米国株式市場は高安まちまちで取引を終えた。S&P総合500種は、ヘルスケア株や金融株が買われた半面、エネルギー株が売られて全体は横ばい。ナスダックは過去最高値を更新した。ダウ工業株30種平均はIBM<IBM.N>の下落が重しとなり、続落した。

本格的な決算発表シーズン入りやトランプ氏の米大統領就任を控えて様子見ムードが強かった。

コンバージェックスのチーフ・マーケット・ストラテジスト、ニコラス・コラス氏は「投資家はトランプ氏の大統領就任と100日行動計画を見極めようとしている。ダウ平均を2万ドルの大台に乗せる前に新政権についてもう少し情報を得たいと望んでいる」と述べた。

またヴンダーリッヒ・エクイティ・キャピタル・マーケッツのチーフ・マーケット・ストラテジストのアート・ホーガン氏は、市場はトランプ氏の米大統領選勝利後の相場急伸が一服し、決算発表シーズンを迎えて様子見になっていると指摘。「相場の上値追いは決算内容に掛かっている」とした。

原油安の影響でエネルギー株は全般に軟調で、S&Pエネルギー株指数<.SPNY>は0.95%下げた。   

一方、S&P金融株指数<.SPSY>は0.4%上昇。バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>、ウェルズ・ファーゴ<WFC.N>、JPモルガン<JPM.N>がそれぞれ1.7%、0.7%、0.3%上げた。3社は13日に決算発表が予定されている。

S&Pヘルスケア株指数<.SPXHC>も0.33%上昇。個別銘柄では遺伝子解析機器のイルミナ<ILMN.O>が業績見通しを手掛かりに買われ、16.6%急伸した。

S&Pのセクター別は11業種のうち6業種で上がった。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.77対1だった。ナスダックも1.90対1で上げが下げを上回った。

米取引所の合算出来高は約67億株で、直近20営業日の平均である66億株を上回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 19855.53 -31.85 -0.16 19876.35 19957.12 19836.03 <.DJI>

前営業日終値 19887.38

ナスダック総合 5551.82 +20.00 +0.36 5536.54 5564.25 5528.11 <.IXIC>

前営業日終値 5531.82

S&P総合500種 2268.90 0.00 0.00 2269.72 2279.27 2265.27 <.SPX>

前営業日終値 2268.90

ダウ輸送株20種 9095.07 +72.24 +0.80 <.DJT>

ダウ公共株15種 651.14 -2.05 -0.31 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 923.06 +4.48 +0.49 <.SOX>

VIX指数 11.49 -0.07 -0.61 <.VIX>

S&P一般消費財 665.11 +2.64 +0.40 <.SPLRCD>

S&P素材 318.12 +0.21 +0.07 <.SPLRCM>

S&P工業 543.43 +1.71 +0.32 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 528.41 -3.19 -0.60 <.SPLRCS>

S&P金融 389.60 +1.50 +0.39 <.SPSY>

S&P不動産 190.57 -2.49 -1.29 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 544.11 -5.22 -0.95 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 826.66 +2.76 +0.33 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 172.68 +0.09 +0.05 <.SPLRCL>

S&P情報技術 828.59 -0.62 -0.07 <.SPLRCT>

S&P公益事業 244.05 -0.67 -0.27 <.SPLRCU>

NYSE出来高 9.30億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 19370 + 60 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 19325 + 15 大阪比 <0#NIY:>

*内容を追加しました。

【関連記事】 焦点:「トランプラリー」は続くか、17年米株市場のリスク コラム:米株市場展望、「ダウ2万ドル」以上に注視すべきこと コラム:レーガン相場再来は錯覚、根拠なき熱狂に=重見吉徳氏 アングル:米大手銀、ブレグジット型の市場混乱に備え対応強化 コラム:Wファーゴの「弱点」あぶり出した米大手2行
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
不動産業界の「経験と勘」ビジネスが終わる日国交省も本気!「データ集約」で激変する未来

不動産の価格査定は、非常に大ざっぱであるのが現状だ(撮影:今井康一)「不動産の価格査定とは、こんなに

画像
不動産投資の初心者は新築物件を買うな! シロウトがハマる失敗ルートとは

※画像:『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』(SBクリエイ

画像
日経平均は33円安、業種別値上がり率上位は不動産、水産農林、パルプ紙=15日後場

 15日午後1時30分時点の日経平均株価は、前週末比33円40銭安の1万9850円50銭。後場は買い

画像
日経平均は14円安と小幅続落、売り先行後は下げ渋る、不動産株など上昇=15日後場

 15日の日経平均株価は前週末比14円05銭安の1万9869円85銭と小幅続落。前場は、円強含みが重

画像
悪質「不動産コンサル」の食い物になる人たち不当な「マージン」の慣習はいつまで続くのか

不自然に安すぎるコンサルには、注意が必要だ(写真:夏夫 / PIXTA)不動産・建設業界はバックマー

画像
中国の不動産投資、1─3月は9.1%増へと加速前年比で新築着工増加、4月以降鈍化予測も

 4月17日、中国国家統計局が発表した1─3月の不動産投資は前年比9.1%増と、1―2月の8.9%増


-