日本再上陸時には大行列 「タコベル」の今|マネブ

マネブNEWS:〔2017.01.20〕アングル:中国企業が外貨建て起債拡大、資本流出規 現在の記事数:219729件

-

日本再上陸時には大行列 「タコベル」の今


日本再上陸時には大行列 「タコベル」の今

2015年4月にオープンしたタコベルの日本1号店(東京・渋谷)

 2015年4月に日本市場に再進出を果たした米国発のメキシカンファストフード店「Taco Bell(タコベル)」。開業当時、東京・渋谷の日本1号店は行列が絶え間なく続き、入店するのに1時間待ち、2時間待ちはざらだった。熱狂を持って日本の消費者に迎えられたタコベルは今、どうなっているのだろうか(関連記事:米ファストフード「タコベル」、約20年ぶりに日本“再上陸” なぜ今?)。

【一番人気のタコス】

 「渋谷の大行列はオープンから3カ月ほどは毎日のように続き、半年ほど経ってようやく落ち着いた。今でも休日は列ができることもあるが、平日であればスムーズに入店できる」(アスラポート・ダイニング 経営戦略本部 TACOBELLブランドの宮田寛部長代理)

 実際、記者が訪れた平日昼間の渋谷店は、冬休み期間ということもあって中高生や外国人観光客の姿が目立っていたが、それほどの混雑はなかった。

 オープンから既に1年9カ月が経過していることに加えて、現在タコベルは都内でほかにも汐留、青山、お台場に店舗を構えていることも関係するだろう。タコベルは日本進出当初、5年間で20店舗という控えめな目標を掲げていたが、連日の大行列を本国のタコベル経営陣が目の当たりにして、「日本市場はもっと伸ばせるのではないか」と判断し、アグレッシブな方針を打ち出した。2016年4月には、年内に新たに6店舗を出店する計画も明かした。

 ところが、2016年の出店は2店舗にとどまった。当初の計画よりも遅れている。その一因は「物件の賃料高騰」だ。2020年の東京オリンピックの影響に伴う不動産価格の上昇に加えて、昨年来、Shake Shack(シェイクシャック)、Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)、Carl's Jr.(カールスジュニア)といった米国の外食チェーンが相次いで日本に進出しており、他社も同じような物件を求めることで競争が激化し、賃料にまで波及しているようだ。「ただ、既に物件の契約間際まで来ているものもあり、それほど計画と大きなズレはない」と宮田氏は述べる。

 タコベルの日本での業績はどうだろうか。具体的な収益情報は非公開とするが、まだ大きく利益を上げている段階ではないという。さらに、出店計画に合わせて既に新規店舗の人員を確保しているため、その分のコストがかさんでしまっているそうだ。一般的な飲食チェーンの場合、新店舗オープンの1週間ほど前からスタッフがトレーニングし、開業後もOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)をしていることが多いが、タコベルではオープンの約1カ月前からスタッフは店舗でみっちりトレーニングを積み、万全な状態で開店を迎えるのだという。同社としては、2017年には新店舗を早々にオープンさせて、現状のコスト課題を解消したい考えである。

 同時に、原価率を抑える取り組みに力を入れてきた。タコベルの商品は野菜をふんだんに使うことに加えて、調理の手間がかかるためスタッフの頭数が必要で、他のファストフードチェーンに比べてどうしても食材費や人件費といった原価がかかってしまう。そこでオペレーションの改善に一層の注力がなされている。

 例えば、原料の調達先だ。これまでタコスなどに使われるトルティーヤ生地は中国から調達していたが、インドの方が安く手に入るということで変更した。ソースも日本製から韓国製に切り替えるなど、その時々でコストバランスを見ながら柔軟に調達先を選択しているという。

●今後は宅配サービスも?

 今後の収益増に向けてはどのように取り組んでいくのだろうか。

 1つはロイヤルカスタマーを増やすことである。元々、タコベルには熱狂的なファンが多い。彼らが率先してTwitterやInstagramをはじめとするソーシャルメディアなどでタコベルの商品やブランドの魅力を拡散することで、さらに多くのファンを獲得してきた。中には他のファストフードチェーンには見向きもせずタコベルに足繁く通い、売り上げに貢献しているファンも少なくない。

 このような忠誠心の高いファンをさらに満足させるために、アンケート調査などを実施して彼らの声を聞き、サービスの改善などに生かしている。加えて、そうした彼らに対して、新店舗オープンのイベントに招待するなど、個別にアプローチしてファンの“深化”を図っている。いかにして熱心なタコベルファンを一人でも多く作るか、これが顧客戦略の柱と言えよう。

 もう1つは宅配サービスの開始である。上述したように割高な物件賃料が課題になっているため、店舗をいくつも作ることはできない。そこでカバーしてないエリアを宅配で補うことはできないかと考える。配車サービスを手掛けるUberのフードデリバリーサービス「UberEATS」なども活用できるのではと宮田氏は話す。ただし、具体的な取り組みはこれからだという。

 スマホアプリの開発も進めていて、今月に新規リリースした。タコベルは注文時にメインの商品だけでなく、そこで使われる肉の種類や辛さなども選ぶ必要があり、一部の消費者からは「オーダーが難しい」という声がある。それを簡略化するためのアプリがあれば、もっと注文が便利になるし、時間の短縮にもつながるはずだという。

(伏見学)

【関連記事】 年内に100店舗を計画 「相席屋」が事業を急拡大している理由 シェイクシャックは日本で「第二のスタバ」になれるのか? 米ファストフード「タコベル」、約20年ぶりに日本“再上陸” なぜ今? ブルーボトルコーヒー創業者が語る、日本進出が必須だった理由 カラオケ市場が再び成長中、それでもシダックスは2期連続の最終赤字に
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
アングル:中国企業が外貨建て起債拡大、資本流出規制で切迫

 1月18日、中国企業が、金利の高さや為替リスクも厭わず外貨建て債券の発行を拡大している。写

画像
米国株はまちまち、金融株上昇でS&P総合は小幅高

 1月18日、米国株式市場は、まちまちで取引を終えた。写真はNY証券取引所のトレーダー(20

画像
【デザインで人と人をつなぐ-松岡恭子の一筆両断】建築楽しむ機会が増える九州

 昨年12月、鹿児島市で「オープンハウスカゴシマ」が開催されました。優れた近現代建築を見学できるイベ

画像
【語る】三好不動産社長・三好修氏(61) 「介護を組み合わせる」 

(写真:産経新聞)  「不動産賃貸がメーンの仕事だが、やがて介護を組み合わせざるを得な

画像
中国20都市で住宅下落 昨年12月 前月より9都市増

 【上海=河崎真澄】中国国家統計局が18日発表した2016年12月の新築住宅指数で、主要70都市のう

画像
(朝鮮日報日本語版) ロッテがハノイに大型ショッピングモール、20年の完成目指す

(写真:朝鮮日報日本語版)  ロッテグループが、ベトナムの首都ハノイに延べ面積約20万


-