フジテレビ低迷で「不動産屋が放送事業やってるようなもの」と株主から容赦ない批判|マネブ

マネブNEWS:〔2018.07.20〕TBS、資産の7割が本業に不必要な株式や不動産か 現在の記事数:262900件

-

フジテレビ低迷で「不動産屋が放送事業やってるようなもの」と株主から容赦ない批判


フジ・メディア・ホールディングス株主総会

 フジテレビの持ち株会社であるフジ・メディア・ホールディングス(フジHD)は6月27日、グランドニッコー東京台場で株主総会を開催した。昨年6月、トップ在任29年に及んだ日枝久氏が代表取締役会長から取締役相談役に退き、後任には社長だった嘉納修治氏が昇格し、宮内正喜氏が社長に就任した。よって、昨年まで議長を務めていた日枝氏に代わり、嘉納会長が議長を務め、その手腕にも注目が集まった。というのも、日枝氏の議事運営には、強引に質疑を打ち切るなどの批判が多かったからだ。

 2018年3月期のグループ連結の売上高は6465億3600万円で前期比1.1%の減収だが、本業の儲けを示す営業利益は13.2%増収で252億5800万円、経常利益も15.6%増の351億2000万円となった。しかしながら、当期純利益は8.9%減の249億5600万円となった。

 グループ中核のフジテレビは6期ぶりに営業増益となったものの、売上高は2606億7700万円(昨年比7.1%減)で、当期純利益は26億4700万円(同6.2%減)だった。

株主からの指摘

 毎年荒れることで有名なフジHDの総会だが、今年も質疑応答では、経営陣に対して厳しい質問が相次いだ。ある株主は、こう質した。

「昨年行われたイベント『お台場みんなの夢大陸』の入場者数は主催者発表で400万人となっているが、実際は112万人あまりで、実に3倍以上に水増しされたものではないか」

 入場者は会場内4カ所でカウントされた合算で、同一入場者を複数回カウントしているという実態について内部告発があったという。イベントの収支も6億円の赤字という情報があるという。

 この指摘に対し、金光修専務は「有料入場者と招待者、フリーエリアでのカウントの合算で400万人」と反論した。

 フジテレビの番組に関する批判も出た。たとえば、6月16日に放送された『第10回AKB48世界選抜総選挙2018』。第2部(夜8時51分~9時24分)の平均視聴率は11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だが、その前の第1部(午後7時~8時51分)はわずか同5.7%であり、もはや打ち切るべきではないかという意見が出た。 6番目に質問に立った株主は、昨年の大相撲の横綱による暴行事件や日大アメフト部の危険タックル問題など、ワイドショーで連日同じ内容の番組が放送されていることに「一億総白痴化。視聴者をバカにするな」と声を荒らげた。また、現在開催中の「2018 FIFAワールドカップ(W杯) ロシア大会」をめぐっては、フジテレビのコメンテーターに専門家ではない小柳ルミ子が起用されていることも疑問だとした。

 フジテレビは誤報が多いとの批判も毎年、株主総会では多い。情報番組『とくダネ!』では昨年7月、容疑者の映像を取り違えて放映、8月には京都府議の男性が書類送検されたとの誤報を流した。これに対してBPO(放送倫理・番組向上機構)から放送倫理違反と指摘されている。産経新聞は昨年12月、沖縄県内の交通事故で「米兵が日本人を救出した」と誤報し、今年2月に記事削除に追い込まれた。

 民放キー局の視聴率競争で、数年前からフジテレビは4番手に低迷し、背後にはテレビ東京しかいない苦境が続く。こうした状況もあって、8番目に質問に立った株主は「不動産屋が放送事業をやっているようなものだ」と経営姿勢を批判した。実際、グループ内のセグメント利益で放送事業の利益が73億9300万円に対して、都市開発事業の利益は倍近くの141億7100万円もある。

 会社側は「中期経営計画で都市開発事業は重要」とし、遠藤龍之介専務取締役は「お台場へのカジノ誘致に力を入れていきたい」と発言した。

今年はヤラセなし?

 フジHDの株主総会をめぐっては、2014年と2015年の総会に関して、株主2人が“ヤラセ総会”だとして決議取消を求める訴えを起こした。東京地裁は「14年総会で質問した株主16人のうち、8人がフジテレビの幹部社員株主」であると認めたものの、原告の請求は棄却した。15年総会についても請求を棄却したものの「質問した株主17人のうち5人がフジテレビの社員株主」と認めた。原告は東京高裁に控訴したものの、いずれも控訴棄却。原告2人は最高裁に上告中だ。

 こうした経緯もあり、今年の総会で“ヤラセ質問”が飛び出すかどうか注目されたが、経営陣にエールを送る質問は13番目に質問した株主のみ。フジテレビが出資している『万引き家族』がカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いたものの、総会ではお祝いムードが全然ないという意見だった。

 この13人目が最後の質問者となり、開始2時間半が過ぎたところで質疑打ち切りとなった。(文=編集部)

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
TBS、資産の7割が本業に不必要な株式や不動産か…「現物配当」求める株主と真っ向対立

TBS放送センター(「Wikipedia」より/Nobukku) TBSホールディングス(以下、TB

画像
フジテレビ低迷で「不動産屋が放送事業やってるようなもの」と株主から容赦ない批判

フジ・メディア・ホールディングス株主総会 フジテレビの持ち株会社であるフジ・メディア・ホールディング

画像
日経平均は65円高、業種別値上がり率上位は海運、電気ガス、不動産など

 13日午前10時時点の日経平均株価は前日比65円71銭高の2万2944円06銭。朝方は、対ドルでの

画像
日本の不動産を買い漁った外国勢が、一斉に日本人に売り浴びせて逃げ始める兆候

「Gettyimages」より メディアでは、すでに平成バブル時に匹敵するほどの値上がりを見せている

画像
イオン、総合スーパーの利益率「ほぼ0%」の衝撃…不動産事業の利益額がスーパー上回る

イオン店舗(「wikipedia」より) 流通大手に共通する悩みは、衣料品や住居関連、食品などを軒並

画像
百貨店の盟主・三越伊勢丹の没落…赤字転落で約1千人削減と不動産事業が頼みの綱

日本橋三越本店(撮影=編集部) 三越伊勢丹ホールディングス(HD)が5月9日に発表した2018年3月


-