斬新!思わず驚くユニーク不動産物件5選「物件ファン」中の人が選ぶ|マネブ

マネブNEWS:〔2018.09.18〕スルガ銀行事件、パニックの序章か…日本中で過剰な 現在の記事数:286232件

-

斬新!思わず驚くユニーク不動産物件5選「物件ファン」中の人が選ぶ


特に驚いた物件や印象深かった物件とは?(画像提供/物件ファン)

みなさん、「物件ファン」というサイトをご存じですか? 素敵な住まいだけでなく、変わった立地や間取りなどユニークな物件を紹介している、不動産エンターテーメントサイトです。今回はこの「物件ファン」さんに突撃! 日々たくさんの物件を見ているなかでも、特に驚いた物件や印象深かった物件を教えていただきました。

物件を愛でる 「物件ファン」誕生秘話

そもそもなぜ「物件ファン」は誕生したのでしょうか?

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

「最初は『Roomhub(ルームハブ)』という物件情報サイトをつくっていました。物件を所有している大家さんが直接サイトに賃貸情報を掲載できるサイトで、大家さんからのダイレクトな情報発信のお手伝いができればと考えていました。しかし、『もともとお付き合いのある大手不動産業者がいるから』という方も多く、最初はうまく大家さんとユーザー(読者)にリーチできなかったんです。

そこで方向性を変え、自分たちでメディアをつくって情報を発信していくことに。自分がいいなと思う物件を探してきて、記事を書く。これが『物件ファン』のスタートです。2016年2月から始めて、ちょうど2年になります」(「物件ファン」の中の人。以下同)

ユーザーには、引越しに向けて物件情報を探している人以外にも、「物件を見るのが好き」「変わった物件に興味がある」という人も少なからずいるとのこと。こうした人たちの間でFacebookやTwitterなどを通じて認知度が高まり、2018年の1月には月間270万ページビューを超えるサイトへと成長しました。

物件ファンさんによると、公開する記事は月に150本ほどで、およそ3000件の情報が掲載されているそう。今回は、そのなかでも「驚いた」「面白い」と感じた物件をセレクトしてもらいました。

1、「マンションの部屋の中に中庭がありました。」

【画像1】物件紹介ページのトップ部分が、すでにインパクト大!(画像提供/物件ファン)

物件の中に「中庭」があるという驚きの物件。こうしたユニークな物件に数多く出会えるのが、物件ファンの大きな特徴です。

【画像2】写真左:同物件の間取図。DKと和室の間には確かに「中庭」が(画像提供/物件ファン)写真右:中庭には砂利と飛び石が敷かれ、なんとも風流な雰囲気(画像提供/物件ファン)本好きなら一度は夢見る壁一面の本棚

2、「出た! はしごで上る本棚」

続いては、本好きなら一度は夢見るのでは? と思われるような物件です。

【画像3】壁一面が本棚に覆われた物件。本好きにはたまらない!(画像提供/物件ファン)【画像4】吹抜けの天井まで届く本棚は、まさにファンタジーの世界に出てくる「図書館」のよう(画像提供/物件ファン)

はしごを使えば天井近くに並べた本も簡単に手に取れ、また両側の壁をつなぐキャットウォークで行き来もラクラク。好きな本に囲まれた暮らしが実現しそう。

3、「垂涎! あの先斗町(ぽんとちょう)の京町家にため息の連続。」

舞妓さんに出会えるチャンスもあることで人気の京都・先斗町エリアの物件も。

【画像5】舞妓さんたちが行き交う京都の風情たっぷりの先斗町にある物件(画像提供/物件ファン)【画像6】玄関も年月の経過を感じさせる街並みに合った仕立て(画像提供/物件ファン)京都ならではの風情がある

「もとは個人宅だったのか、お茶屋などの店舗だったのかは定かではありませんが、1階の吹抜けにはちょっとした中庭がしつらえてあり、情緒がありますね」

【画像7】写真左:同物件の間取図。さまざまな広さの客間がいくつもある(画像提供/物件ファン)写真右:1階の中庭。つくばい(手を洗ったりするための手水鉢)のような設備もあり、もしかして水も流せる……?(画像提供/物件ファン)

「ちなみに、この物件の販売価格は5億8500万円(2018年2月現在)だそうです。とても買えるお値段ではありませんが、間取りや建物の内部設備がやっぱり面白い。物件ファンは単に『買う・借りるためだけの情報サイト』ではないので、こうした物件も取り上げています。もちろん、買える! という方にはおすすめの物件ですよ(笑)」

4、「団地の新しい住まい方? 二部屋どちらもわたしの家!」

「古いのが逆にいい」と再評価され、団地のリノベーション物件も増えつつある近年。団地物件の多くが40~50平米であるという「狭さ」を解消する手段として、2部屋をつなげた「ニコイチ」物件も登場しているのだとか。

【画像8】団地の部屋とは思えないような、広々とした空間が広がる(画像提供/物件ファン)【画像9】「ニコイチ」物件の間取図。玄関は2つとも使うことができるが、一度外に出る必要がある。専有面積は単純に2倍になるので、団地でありながら“広い家”も実現!? (画像提供/物件ファン)動線は変だがワクワクする!?

「これは、団地の隣り合う2部屋をつなげた大胆なリノベーション。玄関は2つあるけど部屋の中から行き来することはできず、一度玄関を出て向かいの玄関へ入るか、バルコニーから入ることになるんです。動線はちょっと変だけど、なんだかワクワクしますよね(笑)」

キッチンやお風呂などの生活スペースは1つになっており、その分のスペースが広がっています。リビングやダイニング、寝室といった機能を好きな部屋に割り振ったり、仕事場とプライベート空間というように時間帯で使い分けたりと、自由に使えそうです。

【画像10】写真左:間取図左下にあたるダイニング。リノベーションされているので、いかにも「団地」といった古さは感じられない(画像提供/物件ファン)写真右:間取図右下にあたるインナーテラス。仕事場や遊び場など、使い方も自由(画像提供/物件ファン)

5、「このロフトはリビングのように甘い。」

最後に紹介いただいたのは、一人暮らしの人に人気のロフト付き物件。

【画像11】メゾネットタイプの物件で、階段を上がるとLDKスペース。そこからさらに腰程度の高さの段差があり、空間をゆるやかに区切る(画像提供/物件ファン)高低差によって3つのフロアに分かれている

おしゃれなカップルがまったりと休日を過ごしていそうなこのお部屋。単純なロフト付き物件ではなく、高低差によって3つのフロアに分かれているそう。

【画像12】写真左:物件の間取図。下の階にバス・トイレなどの生活スペースがある(画像提供/物件ファン) 写真右:ロフトへ上がってみた写真。LDKとは同じ空間だが視線が重ならず、誰かが同じ部屋の中にいても、ちょうどいい距離感を感じながら過ごせる(画像提供/物件ファン)

「個性的ではあるけど、『いったい誰が住むの!?』というほどの奇抜な物件ではない。最近は、そういった物件を取り上げることも増えています。実際に『物件ファンで一目ぼれして、その物件がある街に引越した』という声を聞くことも多くなりました」

もっと広い視点で不動産を楽しんでほしい

多くのユニークな物件を取り上げている「物件ファン」。今後はどのような物件が増えてくると考えているのでしょうか。

「これからの時代は、空き家問題などにも象徴されるように、部屋が余る時代がくると予想されます。だから、住む人がより楽しく物件を選べるような、立地や広さといった要素からより自由になった物件や間取りが増えたら楽しいですね。

それから、いわゆるLDKにとらわれない物件も増えるのではないでしょうか。店舗だったところや倉庫、公民館など、もともと住宅として使われていなかったものが住宅として貸し出されたりもしています。そういった意味でも、これからも面白い物件は増えていくと思いますよ」

ライフスタイルが多様化していることから、住み方もより自由に、多様化していく……。さまざまな物件を通じて、そんな時代の流れも見えてきますね。

「物件ファンでは、立地・築年数・駅徒歩何分というカテゴリー分けをしていません。それは、物件を柔軟な目で見てほしいから。新宿エリアの物件を探している人が、たまたま福岡県の物件を見る。そんな出会いがあってもいいなと思っています。もちろん、求めている情報ではないかもしれませんが、『福岡県なら同じ予算でもっと広い家に住めるのか』『2DKを探しているけどロフト付きの1DKもいいかも』というふうに、住宅探しに新しい視点をもってもらえたら、と思っています」

「物件ファン」の中の人が物件を紹介するときに心がけているのは、物件への愛をつづること、そして、ストーリーを感じさせることだといいます。「自分ならこう住みたい」「こんな人が住んでいそう!」と妄想をかき立てるようなストーリーを考えると、読者の方も一緒になって想像してくれるのだとか。

それは、物件ファンが住宅情報サイトとしてだけでなく、物件を通じて大家さん、不動産業者、そして読者がコミュニケーションをとることができるメディアだからかもしれません。物件ファンさんのお話からは、引越しの検討時しか利用されず、情報に埋もれてしまうことも多い「物件」への愛を感じることができました。

(文:藤堂真衣)

●取材協力・物件ファンSUUMOジャーナルの関連記事
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
スルガ銀行事件、パニックの序章か…日本中で過剰な不動産融資、一斉に不良債権化も

第三者委員会の調査結果を受け会見するスルガ銀行の有国三知男新社長(写真:東洋経済/アフロ) あの平成

画像
スルガ銀行問題、もっと深い闇…不動産業界全体に融資縮小の連鎖

スルガ銀行不正融資問題 第三者委員会の調査結果を受け会見(写真:東洋経済/アフロ) スルガ銀行(有國

画像
日経平均は28円安、業種別値下がり率上位は海運、不動産、空運など

 5日午前10時時点の日経平均株価は前日比28円82銭安の2万2668円08銭。朝方は、米通商問題の

画像
日経平均は97円安、業種別値下がり率上位はパルプ紙、不動産、鉄鋼など

 3日午前10時時点の日経平均株価は前週末比97円75銭安の2万2767円40銭。朝方は、売りが先行

画像
東京の過剰なビル建設、ツケを払うのは私たち一般労働者だ…大手不動産会社も銀行も無傷

「Gettyimages」より 東京都心ではここ数年、かつてない建設ラッシュが続いている。東京オリン

画像
働き方改革が不動産会社を滅ぼす?都心の巨大なビルもタワマンも「無用の長物」に?

「Gettyimages」より 働き方改革法案が国会を通過した。厚生労働省によれば、我が国は、「少子


-