6日の債券市場見通し=3日ぶりに反発か、あすの30年国債入札控え戻りは限られそう|マネブ

マネブNEWS:〔2018.08.22〕21日の債券市場見通し=堅調な展開か、20年国債 現在の記事数:285309件

-

6日の債券市場見通し=3日ぶりに反発か、あすの30年国債入札控え戻りは限られそう


予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.80円−151.00円、長期国債利回り0.045%−0.055% 6日の円債市場は3日ぶりに反発しそうだ。ただ、財務省があす実施する30年国債入札を控え、買い戻し圧力が加速する可能性は低く、戻りは限られそうだ。 前日の米債券市場は、米株式相場の下落を受けて買われた。「米経済指標の下ブレで長期・超長期国債を軸に堅調に推移するなか、利上げを織り込む格好で中期国債は下落となった。ただ、夜間取引で日本国債先物が上昇しており、日中の取引でも買いが先行するだろう」(国内証券)という。 日銀による長期国債の買い入れが予定されている。好需給観測が意識され相場をサポートすることになりそうだ。あすの30年国債入札が意識され、買いが入りにくい可能性もあるが、日経平均株価の下落などで、反発地合いを維持する展開となりそうだ。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=堅調な展開か、20年国債入札は「良好」との見方

予想レンジ:債券先物中心限月(9月限)150.50円−150.60円、長期国債利回り0.085%−0

画像
21日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値重い展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円00銭−110円50銭 21日の東京外国為替市場のドル・円は、上

画像
<今日の仮想通貨市況>トランプ発言嫌気し、売り優勢

 主要仮想通貨は21日9時30分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=69万3972円(過去24時

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円は110円台前半、中国株高受けジリ高

 21日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=110円台前半で推移している。トランプ米大統領による

画像
20日の商品動向、WTIが3日続伸、NY金は続伸

・NY原油先物9月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=66.43ドル(

画像
あの超高収益企業が、「前代未聞の働き方改革」で驚異的成果を実現していた

「ディスコ HP」より 日本という国は、どうも熱しやすく冷めやすい国民性のようだ。ブームが来たかと思


-