6日の東京外国為替市場=ドル・円、米大統領のエルサレム首都認定報道でリスク回避進む|マネブ

マネブNEWS:〔2018.05.25〕24日の債券市場見通し=米債上昇の流れを引き継ぎ 現在の記事数:260934件

-

6日の東京外国為替市場=ドル・円、米大統領のエルサレム首都認定報道でリスク回避進む


 6日の東京外国為替市場でドル・円は上値の重い展開となっている。前日の米国時間は1ドル=112円台後半の狭いレンジの動きに終始。朝方は112円40−50銭近辺で推移した。 その後は目立った材料がなく、小動きが継続。ただ、午前11時ころトランプ米大領領がエルサレムをイスラエルの首都と認め、テルアビブからの米大使館移転を宣言すると報じられるとリスク回避からドル安・円高が進んだ。午後も日経平均株価が今年最大の下げ幅となったこともあり、一時112円06銭まで下げている。 なお、オーストラリアの7−9月期GDP(国内総生産)は前期比0.6%増で市場予想0.7%増を下回る結果で着地。豪・ドル円は1豪ドル=85円50銭近辺から一時84銭94銭まで下落している。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
24日の債券市場見通し=米債上昇の流れを引き継ぎ続伸の展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.85円−150.95円、長期国債利回り0.030%−0

画像
24日の東京外国為替市場見通し=新興国通貨の下落は要警戒

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円50銭−111円50銭 1−2日のFOMC(米連邦公開市場委員会

画像
<今日の仮想通貨市況>不正アクセス多発でBC技術に暗雲

 週初から下落基調の続く主要仮想通貨は23日も値を下げ、24日午前9時10分現在でも、ビットコイン(

画像
24日の東京外国為替市場=ドル・円、リスク回避から軟調展開続く

 24日の東京外国為替市場でドル・円は低調な展開が続く。前日の米国時間はトランプ米大統領が米朝首脳会

画像
23日の商品動向、WTIの7月物が下落、NY金は反落

・NY原油先物7月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=71.84ドル(

画像
米4月新築住宅販売、前月比1.5%減の66.2万戸―市場予想下回る

<チェックポイント>●住宅ローン金利の上昇や原油高が足かせに●住宅価格は上昇、高額物件の販売が増加●


-