16日の債券市場見通し=堅調スタートも上値に重さが残る展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2018.12.15〕14日の債券市場見通し=買い先行も上値に重さが残 現在の記事数:288776件

-

16日の債券市場見通し=堅調スタートも上値に重さが残る展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(17年12月限)150.35円−150.60円、長期国債利回り0.050%−0.060% 16日の円債市場は、堅調スタートも上値に重さが残る展開か。 前週末の米債券市場は上昇。9月のCPI(米消費者物価指数)が市場予想を下回り、「イラン核合意破棄の可能性に関連した地政学リスクへの警戒も債券買いにつながった」(国内証券)という。 国内市場では、外部環境の良好さと出遅れ感も手伝って堅調に推移。今週は、きょうを含めて日銀の国債買い入れが3回予定されており、需給環境の良好さも円債をサポートする見通し。 「株高が足かせになる可能性は低い」(同)と指摘する声がある半面、「あすの20年国債入札を控え、買い一巡後は次第に上値が重くなる」(銀行系証券)との見方があった。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
14日の債券市場見通し=買い先行も上値に重さが残る展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(3月限)151.75円−151.85円、長期国債利回り0.045%−0

画像
14日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、12月短観を受けた流れに注意

ドル・円予想レンジ:1ドル=113円00銭−114円00銭 14日の東京外国為替市場のドル・円は、1

画像
<今日の仮想通貨市況>BTC要求の脅迫メール相次ぐ、トランプ氏発言で円高も

 14日午前10時現在の主要な仮想通貨は、ビットコインが1BTC=37万8000円前後(過去24時間

画像
14日の東京外国為替市場=ドル・円、113円台半ばでもみ合い

 14日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=113円半ばでのもみ合いが続いている。 朝方1ドル=1

画像
来週の東京外国為替市場見通し=FOMCが焦点、19年以降の利上げ回数・ペースに注目

 予想レンジ:1ドル=111円40銭−114円00銭 10−13日のドル・円は下落した。週初10日、

画像
13日の商品動向、WTIが大幅反発、NY金は反落

・NY原油先物1月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=52.58ドル(


-