12日の東京外国為替市場=ドル・円、上値重い展開続く|マネブ

マネブNEWS:〔2017.10.17〕16日の債券市場見通し=堅調スタートも上値に重さ 現在の記事数:249446件

-

12日の東京外国為替市場=ドル・円、上値重い展開続く


 12日の東京外国為替市場でドル・円は上値の重い展開となっている。前日の米国時間はFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録などを受け上値の重い展開。朝方は1ドル=112円40−50銭近辺で推移した。 午前中は手掛かり材料難から112円30−40銭近辺のもみ合いが継続。ただ、午後は日経平均株価が2万1000円を目前に足踏みしたことや米長期金利の小幅低下を受けやや下値の水準を切り下げている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
16日の債券市場見通し=堅調スタートも上値に重さが残る展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(17年12月限)150.35円−150.60円、長期国債利回り0.05

画像
16日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、日経平均のカイ離には注意

 ドル・円予想レンジ:1ドル=111円40銭−112円40銭 22日に衆院選挙を控え自民党有利の展開

画像
FX週間マーケット展望(10月16−20日)=SBILM

展望 前週は、北朝鮮によるミサイル発射の可能性が高いとされていた10日の朝鮮労働党創建記念日を控えて

画像
FX週間マーケット展望(10月16−20日):ユーロ・円=SBILM

ユーロ・円 先週は、週明けから引き続き北朝鮮情勢の緊迫感を背景に、リスク回避の動きが先行し、序盤はや

画像
FX週間マーケット展望(10月16−20日):ドル・円=SBILM

ドル・円 前週は、北朝鮮の労働党創建記念日を10日に控えて、ミサイル発射の可能性への警戒感も根強く、

画像
FX週間マーケット展望(10月16−20日):ポンド・円=SBILM

ポンド・円 前週は、週明けから北朝鮮情勢の緊迫化を背景に、前週末の流れを引き継ぎ、リスク回避の動きが


-