FX週間マーケット展望(9月25−29日):ドル・円=SBILM|マネブ

マネブNEWS:〔2017.10.17〕16日の債券市場見通し=堅調スタートも上値に重さ 現在の記事数:249446件

-

FX週間マーケット展望(9月25−29日):ドル・円=SBILM


ドル・円 前週は前々週からの流れを引き継ぎ、米長期金利の上昇が続いたことから日米の金利差拡大が意識され、ドル買い・円売りが優勢となった。注目されたFOMC(米連邦公開市場委員会)では政策金利が据え置かれたものの、10月からのバランスシートの縮小が発表されたことやドットチャートで、16人中11人が年内にあと1回の利上げを見込んでいることが明らかとなり年内の追加利上げ期待が高まったとの見方が広がり、ドルは大半の主要通貨に対して上昇した。 ドル・円は、週明けの111円00銭から112円71銭まで上昇し、7月17日以来の高値を付けた。ただ、トランプ米大統領の北朝鮮へのけん制発言を受けて、金委員長が史上最高の強硬対抗措置を検討するとしたことや、北朝鮮外相が太平洋での水爆実験を実施する可能性を示唆したことから、リスク回避の動きが強まり、週末には下落する場面もあった。 今週は、底固い動きが予想される。米国では、経済指標の結果にハリケーンによる影響が表れ始めており、26日に新築住宅販売、27日に耐久財受注、28日にGDP、個人消費など、主要な経済指標の結果に注目したい。また、週明けから複数の米地区連銀総裁の講演が続く予定であり、金融政策に関する発言にも注目し、12月の利上げの後押しとなるかを見極めたい。米国の税制改革の概要が今週にも発表される予定でもあり、詳細が出てくるのかにも注目したい。<予想レンジ>1ドル=111円00銭−113円50銭(SBIリクイディティ・マーケット株式会社)提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
16日の債券市場見通し=堅調スタートも上値に重さが残る展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(17年12月限)150.35円−150.60円、長期国債利回り0.05

画像
16日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、日経平均のカイ離には注意

 ドル・円予想レンジ:1ドル=111円40銭−112円40銭 22日に衆院選挙を控え自民党有利の展開

画像
FX週間マーケット展望(10月16−20日)=SBILM

展望 前週は、北朝鮮によるミサイル発射の可能性が高いとされていた10日の朝鮮労働党創建記念日を控えて

画像
FX週間マーケット展望(10月16−20日):ユーロ・円=SBILM

ユーロ・円 先週は、週明けから引き続き北朝鮮情勢の緊迫感を背景に、リスク回避の動きが先行し、序盤はや

画像
FX週間マーケット展望(10月16−20日):ドル・円=SBILM

ドル・円 前週は、北朝鮮の労働党創建記念日を10日に控えて、ミサイル発射の可能性への警戒感も根強く、

画像
FX週間マーケット展望(10月16−20日):ポンド・円=SBILM

ポンド・円 前週は、週明けから北朝鮮情勢の緊迫化を背景に、前週末の流れを引き継ぎ、リスク回避の動きが


-