13日の債券市場見通し=買い要因一巡し軟調地合い、株高も重しに|マネブ

マネブNEWS:〔2017.09.22〕21日の債券市場見通し=軟調地合い、日銀金融政策 現在の記事数:248022件

-

13日の債券市場見通し=買い要因一巡し軟調地合い、株高も重しに


予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.80円−151.00円、長期国債利回り0.015%−0.030% 13日の円債市場は、買い要因が一巡し軟調地合いとなりそうだ。日経平均株価が上昇しやすい地合いにあることも重しとなりそうだ。 前日の米国市場では、米株式相場や米金利の上昇も手伝って円売り・ドル高を促した。核実験などで挑発を続けた北朝鮮への追加制裁をめぐり、国連安全保障理事会が石油の全面禁輸に踏み込まず、米朝の軍事衝突がひとまず避けられたとの見方が広がったほか、米国に上陸したハリケーン「イルマ」が大都市を直撃せず被害が予想よりも大きくなかったことなども好感され、投資家のリスク選回避姿勢が緩んだ。 買い要因が一巡した米国市場の流れが日本市場にも波及。円債相場もいったん調整局面に入ったとの声が聞かれた。 日銀は、残存期間「1年超5年以下」「5年超10年以下」の国債買い入れオペを実施する。「債券が軟調な局面での買い入れ減額が進むことは考えにくい。オペに伴う需給の引き締まりが相場をサポートするだろう。前週までの堅調相場を支えてきた好需給とリスク回避要因が一巡したとはいえ、なお健在である点は再確認してきたい」(銀行系証券)との見方。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=軟調地合い、日銀金融政策決定会合の影響も限定的か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.60円−150.90円、長期国債利回り0.025%−

画像
21日の東京外国為替市場見通し=日銀金融政策決定会合は無風か

 ドル・円予想レンジ:1ドル=112円00銭−113円30銭 FOMC(米連邦公開市場委員会)を受け

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円、日銀決定会合は無風で112円台の小動き続く

 21日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=112円台の小動きが続いている。前日の米国時間はFOM

画像
20日の商品動向、WTI、NY金ともに反発

・NY原油先物10月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=50.41ドル

画像
米8月中古住宅販売、前月比1.7%減の年率535万戸―市場予想下回る

<チェックポイント>●中古住宅販売は3カ月連続で減少し年初来の最低水準を更新●未販売中古住宅(在庫)

画像
9月FOMC、FRB保有債券減額10月から開始―政策金利は据え置き

<チェックポイント>●保有債券減額は当初100億ドル、1年後500億ドルに拡大●12月利上げ見通し変


-