米ソーファイ、キャグニーCEO辞任へ|マネブ

マネブNEWS:〔2017.09.22〕21日の債券市場見通し=軟調地合い、日銀金融政策 現在の記事数:248022件

-

米ソーファイ、キャグニーCEO辞任へ


 米国で急成長しているIT(情報技術)活用のオンライン融資仲介サービスのベンチャー企業、米ソーシャル・ファイナンス(SoFi・ソーファイ)は11日、マイク・キャグニー会長兼CEO(最高経営責任者)が同日付で会長職を辞任し、CEO職も17年末までに辞任する見通しを明らかにした。 キャグニー氏が従業員に宛てた電子メールによると、最近の同社に対する訴訟や社内スキャンダルに関する報道によって企業のマイナスイメージが広がったことを辞任の理由に挙げている。新会長には米ベンチャーキャピタル・XLイノベートのトム・ハットン常務が就任した。キャグニー氏は次期CEOが決まるまで社内に残る。 SoFiは11年にキャグニー氏らが中心となって創業。学生ローンを中心に過去6年間で35万人超に計200億ドル(約2.2兆円)を融資しており、IT活用の金融業者として急成長している。<関連銘柄> NASD投信<1545>、NYダウ投信<1546>、上場米国<1547>、 SPD500<1557>、国際VX中先<1561>、iS米超大型<1587>、 iS米小型<1588>、iS米高配当<1589>、iS米リート<1590>、 NYダウ<1679>、NYダウブル<2040>、NYダウベア<2041>提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=軟調地合い、日銀金融政策決定会合の影響も限定的か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.60円−150.90円、長期国債利回り0.025%−

画像
21日の東京外国為替市場見通し=日銀金融政策決定会合は無風か

 ドル・円予想レンジ:1ドル=112円00銭−113円30銭 FOMC(米連邦公開市場委員会)を受け

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円、日銀決定会合は無風で112円台の小動き続く

 21日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=112円台の小動きが続いている。前日の米国時間はFOM

画像
20日の商品動向、WTI、NY金ともに反発

・NY原油先物10月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=50.41ドル

画像
米8月中古住宅販売、前月比1.7%減の年率535万戸―市場予想下回る

<チェックポイント>●中古住宅販売は3カ月連続で減少し年初来の最低水準を更新●未販売中古住宅(在庫)

画像
9月FOMC、FRB保有債券減額10月から開始―政策金利は据え置き

<チェックポイント>●保有債券減額は当初100億ドル、1年後500億ドルに拡大●12月利上げ見通し変


-