19日の債券市場見通し=リスク回避一服で軟調地合い、超長期国債には底堅さ|マネブ

マネブNEWS:〔2017.08.18〕17日の債券市場見通し=好材料揃って強含みの展開 現在の記事数:245953件

-

19日の債券市場見通し=リスク回避一服で軟調地合い、超長期国債には底堅さ


予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.50円−151.65円、長期国債利回り0.035%−0.045% 19日の円債市場は、リスク回避の動きが一服し、安全資産としての債券には買いが入りにくく、軟調地合いとなりそうだ。もっとも、前日の20年国債入札で、強い需要を確認できた超長期国債は底堅さが目立つ展開となりそうだ。「超長期国債は日銀が実施する国債買い入れオペがサポート。買い安心感につながる」(国内証券)との見方。 前日の米債券市場は反落。前日に約8カ月ぶりの下げ幅を記録したNYダウ平均株価が反発。投資家のリスク回避姿勢が和らいだ。トランプ米政権とロシアの関係をめぐる疑惑から、米国債に買いが先行する場面もあったが、米経済指標の改善や米株式相場の反発を受けて、その後、売りに圧力が掛かった。 国内市場では、日銀が超長期国債を対象とした国債買い入れオペを実施する予定。「先物を中心に売りが先行しても、超長期国債が好需給を背景に底堅さを維持することで、下値の堅い展開になると予想している」(銀行系証券)という。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
17日の債券市場見通し=好材料揃って強含みの展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(9月限)150.65円−150.75円、長期国債利回り0.030%−0

画像
17日の東京外国為替市場見通し=ドル安進行には注意

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円50銭−110円50銭 FOMC(米連邦公開市場委員会)議事録旨

画像
17日の東京外国為替市場=ドル・円、軟調地合いで一時109円66銭まで下落

 17日の東京外国為替市場でドル・円は軟調地合いとなっている。前日の米国時間はハト派的と受け止められ

画像
今晩のNY為替の読み筋=ドル・円、米7月鉱工業生産などに注目

予想レンジ:1ドル=109円50銭−110円50銭 朝方、米7月の住宅着工件数、建設許可件数が市場予

画像
16日の商品動向、WTIが3日続落、NY金は3日ぶり反発

・NY原油先物9月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=46.78ドル(

画像
7月貿易収支は4188億円の黒字、市場予想上回る

 財務省が17日に発表した7月貿易収支は4188億円の黒字だった。市場予想は3271億円の黒字。提供


-