19日の東京外国為替市場見通し=ロシアゲート問題は小康状態も引き続き警戒|マネブ

マネブNEWS:〔2017.05.26〕25日の債券市場見通し=堅調な展開か 現在の記事数:240750件

-

19日の東京外国為替市場見通し=ロシアゲート問題は小康状態も引き続き警戒


ドル・円予想レンジ:1ドル=110円50銭−112円00銭 トランプ米大統領のロシアゲートを受けたリスク回避の動きは、ひとまず小康状態となっている。ただ、引き続き関連報道には要警戒だろう。また、日銀の出口戦略に対する報道が出てきた。こちらも要注目だ。<主な経済指標・イベント>カナダ:4月CPIカナダ:3月小売売上高イラン:大統領選◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
25日の債券市場見通し=堅調な展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.50円−150.60円、長期国債利回り0.040%−0

画像
25日の東京外国為替市場見通し=桜井日銀審議委員の発言などに注意

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円00銭−112円00銭 OPEC(石油輸出国機構)総会を控え原油

画像
25日の東京外国為替市場=ドル・円、111円台半ばの小動き続く

 25日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=111円後半中心のもみ合いが続いている。前日の米国時間

画像
24日の商品動向、WTIが反落、NY金は続落

・NY原油先物7月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=51.36ドル(

画像
賃金が物価よりも上昇しないとデフレは続くGDPデフレーターを分析するとよくわかる

輸入価格の上昇を上回る賃金上昇がないとデフレ脱却は難しい (写真:Syda Productions

画像
東京入管被収容者のハンストが終了した理由体力の限界を感じ「影響見極めたい」

 5月25日、東京と名古屋の入国管理局収容施設で最大100人近くの被収容者が、長期収容・再収容に抗議


-