20日の債券市場見通し=売り先行も20年国債入札こなし底堅い展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2017.11.24〕法律を形骸化するトランプ氏の危険なやり口消費者金 現在の記事数:251707件

-

20日の債券市場見通し=売り先行も20年国債入札こなし底堅い展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)151.05円−151.25円、長期国債利回り0.000%−0.010% 20日の円債市場は売り先行スタートも、財務省が実施する20年国債入札をこなし、底堅い展開となりそうだ。 米債券市場は反落。フランス大統領選挙をめぐって、中道系のマクロン氏が優勢と伝えられ、ドイツ国債が売られ、米債券市場にも波及した。さらに、「前日に米長期金利が今年最低水準を付けるまで買い進まれたことからの反動も出たようだ」(国内証券)という。 もっとも、円債市場には買い材料が事欠かない。北朝鮮などの地政学リスク、仏英など欧州政治を巡る不透明感、が引き続き意識され、「弱い米経済指標も散見され始め、トランプ減税の遅れに対する懸念が台頭。FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げペースの鈍化など円債のサポート材料は多い」(銀行系証券)と指摘する。 一方、財務省が実施する20年国債入札は、需要が根強く、良好な結果となるとの指摘が多い。入札をこなせば、売り圧力を吸収し、円債の底堅さにつながる見通し。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
法律を形骸化するトランプ氏の危険なやり口消費者金融保護局トップ交代が意味すること

CFPBをうとましく感じているトランプ大統領(写真:Jonathan Erns/ロイター)2012年

画像
「悪質クレーマー」は一体どれだけ不当なのか行き過ぎたお客様主義に走らないのも肝要だ

その行為が犯罪になることもありえます(写真:amadank / PIXTA)無理やりに土下座をさせる

画像
「大人の語彙力」はなぜ急速に失われたのか「ぶっちゃけ」を丁寧に言えますか?

大人の語彙力とはいかにあるべきか(写真 : xiangtao / PIXTA)メールやSNS全盛の世

画像
「Suica使えない」東京-修善寺間の落とし穴東京五輪時には外国観戦客で混乱必至?

特急「踊り子号」。修善寺方面に向かう場合、紙の切符がないと精算が大変(写真:papa/PIXTA)開

画像
地味に流行「トンチン年金」はおトクなのか長生きすればするほど、おカネがもらえる

長生きするとおカネがかかる。だが「トンチン年金」は、長生きすればするほど、おカネがもらえるという(写

画像
「格安スマホ」人気に陰りが見え始めた理由ドコモ、au、ソフトバンクが相次いで反撃

「格安SIM」を展開するMVNO業界に陰りが見え始めている。ただ楽天モバイルは、不振だったフリーテル


-