20日の東京外国為替市場=ドル・円、108円後半の動き続く|マネブ

マネブNEWS:〔2017.07.25〕24日の債券市場見通し=ポジティブな外部環境を追 現在の記事数:244421件

-

20日の東京外国為替市場=ドル・円、108円後半の動き続く


 20日の東京外国為替市場でドル・円は狭い範囲の動きとなっている。前日の米国時間はムニューシン米財務長官が、トランプ米大統領による「ドルは強過ぎる」との発言を重要視しない姿勢を示したと伝えられ上昇。朝方は1ドル=108円後半で推移した。 日経平均株価は買い優勢となり、商業決済の多い5・10日(ごとおび)だがドル・円に目立った動きは出ずその後も同水準で停滞。午後は仏大統領選を控えた様子見感が加わり、108円後半の動きに終始している。なお、午前8時50分に財務省が発表した3月貿易収支は6147億円の黒字と市場予想6080億円の黒字を小幅上回った。 午後3時30分時点は1ドル=108円82銭、1ユーロ=116円68銭、1ユーロ=1.0725ドル。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
24日の債券市場見通し=ポジティブな外部環境を追い風に堅調な展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(9月限)150.20円−150.40円、長期国債利回り0.055%−0

画像
24日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、リスクオフ傾向強まる

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円50銭−111円50銭 トランプ米大統領のロシアゲート疑惑や医療

画像
FX週間マーケット展望(7月24−28日)=SBILM

展望 前週は日本や欧州などの金融政策の発表を控えて、序盤から様子見ムードが強まる展開となったものの、

画像
FX週間マーケット展望(7月24−28日):ドル・円=SBILM

ドル・円 前週は週明け堅調な動きとなったものの、米上院でオバマケア(医療保険制度改革)の代替法案の可

画像
FX週間マーケット展望(7月24−28日):ユーロ・円=SBILM

ユーロ・円 前週は週明けから小動きの展開で始まったものの、ECB(欧州中央銀行)が資産購入プログラム

画像
FX週間マーケット展望(7月24−28日):ポンド・円=SBILM

ポンド・円 前週は週明けから軟調な動きとなり、注目された英国の消費者物価指数が市場予想を下回る結果と


-