20日の東京外国為替市場=ドル・円、108円後半の動き続く|マネブ

マネブNEWS:〔2018.05.23〕22日の債券市場見通し=株高が逆風も、入札こなし 現在の記事数:260837件

-

20日の東京外国為替市場=ドル・円、108円後半の動き続く


 20日の東京外国為替市場でドル・円は狭い範囲の動きとなっている。前日の米国時間はムニューシン米財務長官が、トランプ米大統領による「ドルは強過ぎる」との発言を重要視しない姿勢を示したと伝えられ上昇。朝方は1ドル=108円後半で推移した。 日経平均株価は買い優勢となり、商業決済の多い5・10日(ごとおび)だがドル・円に目立った動きは出ずその後も同水準で停滞。午後は仏大統領選を控えた様子見感が加わり、108円後半の動きに終始している。なお、午前8時50分に財務省が発表した3月貿易収支は6147億円の黒字と市場予想6080億円の黒字を小幅上回った。 午後3時30分時点は1ドル=108円82銭、1ユーロ=116円68銭、1ユーロ=1.0725ドル。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の債券市場見通し=株高が逆風も、入札こなし底堅い展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.65円−150.85円、長期国債利回り0.045%−0

画像
22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、加計問題に関しての動向には注意

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円30銭−111円50銭 ドル・円は1ドル=111円台を回復したこ

画像
<今日の仮想通貨市況>ビットコインなど利益確定売り優勢

 主要仮想通貨は22日午前9時25分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=93万4112円(過去2

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円、110円後半の展開

 22日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=110円後半を中心とした展開となっている。前日の米国時

画像
21日の商品動向、WTIが反発、NY金は反落

・NY原油先物6月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=72.24ドル(

画像
スルガ銀行、経営破綻も取り沙汰…不正融資の証拠隠滅の動き、金融庁が「検査忌避」の異例警告

スルガ銀行本店(「Wikipedia」より/Kamonegi101.3)「かぼちゃの馬車」のシェアハ


-