G20閉幕 株・為替の反応は限定的か 来月の日米経済対話に警戒感|マネブ

マネブNEWS:〔2017.09.22〕21日の債券市場見通し=軟調地合い、日銀金融政策 現在の記事数:248022件

-

G20閉幕 株・為替の反応は限定的か 来月の日米経済対話に警戒感


 G20財務相・中央銀行総裁会議の共同声明で「保護主義に対抗する」との表現が削除されたことについて、日本の市場関係者からは「米国の強硬な通商姿勢が改めてうかがわれた」(三井住友アセットマネジメントの市川雅浩氏)との声が上がった。従来の表現が踏襲された為替政策も、日米経済対話など2国間協議で取り上げられることへの警戒感がくすぶる。

 先週の市場は米追加利上げやオランダ下院選、日銀の金融政策決定会合といったイベントを通過し、日経平均株価の17日終値は1万9521円59銭。共同声明から反保護主義の表現が抜け落ちた影響について、ニッセイ基礎研究所の井出真吾氏は「2万円台回復を試すような安心感にはつながりそうにないが、過度に警戒される話でもない」と指摘。今週の平均株価は「1万9500円を挟んだ比較的狭いレンジでの値動きとなる」との見方を示す。

 20日の東京株式市場は祝日で休場となる。欧米株式市場や外国為替市場の反応を踏まえた3連休明け21日の値動きが注目される。

 一方、為替政策については通貨の競争的切り下げ回避などの従来の原則が再確認された。共同声明について、みずほ証券の鈴木健吾氏は「懸念されていたほどドル安(円高)の材料ではなかった」と話す。ただ、今後の米利上げペースが緩やかにとどまる見通しなどを踏まえると、「4月初めにかけては1ドル=112~113円台を中心にもみ合う展開になる」とみる。

 市場関係者の関心は、4月にも始まる日米経済対話など2国間協議の行方に移る。市川氏は「おそらく自動車貿易が焦点となり、為替政策にも結びつきやすくなる」と警戒感を示す。展開次第では円高・株安につながる恐れも出てくる。

【関連記事】 ■高級クラブママに聞いた、お金の使い方で分かる「人間の器」 デキる男はココが違う ■M&A加速でグループ急成長 ライザップが見せる「他に類を見ないマーケティング力」 ■富裕層はロレックスを買わない 暮らし方や考え方、一般庶民とはココが違う ■残業が多いのに給料は安い… “過労死予備軍”が多いワースト業種10 ■実はクレジットカードより危うい? 電子マネーの“落とし穴”
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=軟調地合い、日銀金融政策決定会合の影響も限定的か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.60円−150.90円、長期国債利回り0.025%−

画像
21日の東京外国為替市場見通し=日銀金融政策決定会合は無風か

 ドル・円予想レンジ:1ドル=112円00銭−113円30銭 FOMC(米連邦公開市場委員会)を受け

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円、日銀決定会合は無風で112円台の小動き続く

 21日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=112円台の小動きが続いている。前日の米国時間はFOM

画像
20日の商品動向、WTI、NY金ともに反発

・NY原油先物10月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=50.41ドル

画像
米8月中古住宅販売、前月比1.7%減の年率535万戸―市場予想下回る

<チェックポイント>●中古住宅販売は3カ月連続で減少し年初来の最低水準を更新●未販売中古住宅(在庫)

画像
9月FOMC、FRB保有債券減額10月から開始―政策金利は据え置き

<チェックポイント>●保有債券減額は当初100億ドル、1年後500億ドルに拡大●12月利上げ見通し変


-