韓経:【コラム】トランプ大統領の「脱ドル」政策…なぜ韓国が最大被害?(1)|マネブ

マネブNEWS:〔2017.04.25〕24日の東京外国為替市場=ドル・円、仏大統領選の 現在の記事数:238885件

-

韓経:【コラム】トランプ大統領の「脱ドル」政策…なぜ韓国が最大被害?(1)


最近、国際金融市場では米国が「強いドル」を放棄(脱ドル政策と呼ばれたりもする)したのではという見方が出ている。トランプ大統領は「強いドル」より「弱いドル」が国益になると言及した。中国、日本、ドイツなど主要貿易相手国に対しても「為替操作」の可能性を提起した。

1944年の国際通貨基金(IMF)創設後、米ドルを基軸通貨とするブレトンウッズ体制が続く過程で何度か峠(1971年のニクソン大統領の金兌換停止、1976年のキングストン会談後の変動相場制導入など)があったが、強いドル政策は維持された。各国間の為替レートを安定させて国際貿易の増進にも寄与した。

米国の強いドル政策が揺らぎ始めたのは1980年代初め。1970年代半ば以降、アジア通貨に焦点を合わせた強いドル政策が続く過程で、米国の経常赤字はこれ以上容認できないレベルに到達した。当時のレーガン政権は独自の解決策を模索したが、結局、先進国間でドル安を誘導するための「プラザ合意」でこの問題を解決することができた。

「ドルの屈辱」とまで呼ばれたプラザ合意で経常赤字が減ると、すぐに米国は強いドル政策に復帰した。1995年4月の「逆プラザ合意」(ルービン・ドクトリン)だ。米国経済が「新経済神話」で好況だったうえアジアの通貨が為替投機で暴落し、強いドル政策が容易に定着した。

その結果、1980年代初めの状況が再現された。特に金融危機克服の過程で膨らんだ「双子の赤字(貿易および財政赤字)」でドルはもう中心通貨の役割ができないのではという見方が強まった。こうした状況でトランプ大統領がドル安を好むと言及し、22年ぶりに「ルービン・ドクトリン(強いドル)」をあきらめるのではと疑う声が出ている。

米国以外の国でも脱ドルの兆候が感知される。世界経済の中心圏が移動するにつれ、現国際通貨制度が抱えてきた問題が深刻になっているからだ。中心通貨の流動性と信頼性の間の「トリフィン・ジレンマ」、中心通貨国の過度な特権、国際収支不均衡調整メカニズムの不在などの問題が露出し、脱ドルが加速する傾向だ。

トリフィン・ジレンマは1947年にベルギーの経済学者ロバート・トリフィン氏が提示したもので、流動性と信頼性の相反関係をいう。中心通貨国の米国は経常赤字を通じて通貨の供給を続けなければいけない。しかしこの状況が続けば対外債務の増加で信頼性が落ち、供給された通貨が還流するメカニズムが低下し、米国の地位を維持できなくなるというのがトリフィン氏の主張だ。

国際通貨制度改革に共感する学者は不均衡調整を強制できる「国家間条約(第2のプラザ協定)」が必要だと主張してきた。先週末にドイツのバーデンバーデンで終わった20カ国・地域(G20)会議で、ソウル首脳会談で合意した「経常黒字4%ルール」(国内総生産比4%を上回る経常黒字国は市場介入をできない)が再び注目されたのはこうした側面で意味が大きい。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

【関連記事】 韓経:水面下で官民が協力して動いた日本…トランプ氏の毒舌から「ジャパン」消える 韓経:【コラム】日本の国力が韓国より強くなる理由 韓経:【社説】韓国に対しては黙っているトランプ氏 韓経:【社説】安倍首相「実利外交」の勝利、韓国なら可能だろうか 韓経:【社説】ソウルには今、米国大使も日本大使もいない
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
24日の東京外国為替市場=ドル・円、仏大統領選のマクロン氏優勢受け堅調推移

 24日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=110円前半で堅調推移が続いている。前週末の米国時間は

画像
今晩のNY為替の読み筋=ドル・円、北朝鮮への警戒感から上値限定的か

予想レンジ:1ドル=109円50銭−110円80銭 24日のNY外国為替市場で、ドル・円は上値の限ら

画像
主な国内経済指標の結果=24日

・3月全国スーパー売上高=前年比−1.8%・2月景気動向指数・改定値=先行指数104.8(速報104

画像
北朝鮮、米空母を「一撃で水葬の準備」と威嚇米中トップは今後の対応について意見交換か

 上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。アメリカのトランプ大統領は

画像
フランス大統領選挙、「中道マクロン」の苦悩気鋭のカリスマは「右でも左でもない」

エマニュエル・マクロン候補が結成した中道グループには既成政党から転じた支持者も多い(写真:ロイター/

画像
マクロン氏が強い仏大統領になるための条件決選投票前世論調査ではマクロン氏勝利有力

 4月23日、フランス大統領選の第1回投票で、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相は2週間


-