韓経:【コラム】トランプ大統領の「脱ドル」政策…なぜ韓国が最大被害?(2)|マネブ

マネブNEWS:〔2017.09.22〕21日の債券市場見通し=軟調地合い、日銀金融政策 現在の記事数:248022件

-

韓経:【コラム】トランプ大統領の「脱ドル」政策…なぜ韓国が最大被害?(2)


強いドル政策が続くかどうかは「トランプ政権が強いドルを受け入れるかどうか」にかかっている。トランプ政権は米国再建のためにニューディール政策と減税政策を同時に進める計画だ。この過程で財政赤字と貿易赤字が同時に拡大する可能性が高い。双子の赤字が拡大すればトランプ政権の政策構想は難しくなる。

強いドル政策が揺らぐ中、どの国よりも韓国が問題だ。トランプ政権に入ってからの韓国為替市場は「ウォン高」に要約される。今年に入ってわずか2カ月間で70ウォン以上もウォン高ドル安が進んだ。別の競争国通貨に対しても韓国ウォンは値上がりした。ドル高を予想した国内の輸出業者とドル投資家から見れば「為替ショック」に該当するほどのウォン高だ。

「特定国の通貨の価値はその国の経済状況が反映される顔」という次元で見ると、ウォン高は理解しにくい。昨年の成長率は2.6%に下がり、今年は2%台序盤に落ちるという見方が多い。このため韓国も日本のように「自国通貨高の呪い」に苦しむのではという懸念が強まっている。

いつよりも通貨当局の役割が要求される。豊富なグローバル流動性に便乗し、自国の環境とベンチマーク指数の乖離から入る外国資金は調節する必要がある。平常時には賦課しないが過多流入する場合に賦課する「二元的外貨取引税」の導入など積極的な政策が要求される。財政支出を増やして景気を回復したり多過ぎる経常黒字を減らしていく必要がある。

ハン・サンチュン/客員論説委員

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

【関連記事】 韓経:【取材手帳】後手を踏んで騒ぐ韓国の外交 韓経:トランプ大統領は中国・日本たたき…韓国が列外になった理由 韓経:米USTR「中国・韓国が米国の貿易赤字の主犯」…「スーパー301条」復活示唆 韓経:米政界・財界からラブコール受けるサムスン 韓経:「トランプ氏、韓国貿易に制裁する可能性高い」
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=軟調地合い、日銀金融政策決定会合の影響も限定的か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.60円−150.90円、長期国債利回り0.025%−

画像
21日の東京外国為替市場見通し=日銀金融政策決定会合は無風か

 ドル・円予想レンジ:1ドル=112円00銭−113円30銭 FOMC(米連邦公開市場委員会)を受け

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円、日銀決定会合は無風で112円台の小動き続く

 21日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=112円台の小動きが続いている。前日の米国時間はFOM

画像
20日の商品動向、WTI、NY金ともに反発

・NY原油先物10月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=50.41ドル

画像
米8月中古住宅販売、前月比1.7%減の年率535万戸―市場予想下回る

<チェックポイント>●中古住宅販売は3カ月連続で減少し年初来の最低水準を更新●未販売中古住宅(在庫)

画像
9月FOMC、FRB保有債券減額10月から開始―政策金利は据え置き

<チェックポイント>●保有債券減額は当初100億ドル、1年後500億ドルに拡大●12月利上げ見通し変


-