韓経:韓国ウォンの実質上昇率が27カ国で1位に|マネブ

マネブNEWS:〔2017.05.24〕23日の債券市場見通し=好需給を支えに下げ渋る展 現在の記事数:240590件

-

韓経:韓国ウォンの実質上昇率が27カ国で1位に


韓国ウォンの実質価値が今年に入って交易量の多い27カ国の中で最も大きく上昇したことが分かった。

19日、国際決済銀行(BIS)の資料によると、先月末を基準に主要27カ国に比べて韓国ウォンの実質実効為替レート(2010年に100基準)は122.34で、昨年末(118.53)より3.2%上がった。主要27カ国は日本、米国、英国、ドイツなどであり、ユーロ圏(ユーロ貨幣を使用する19カ国)も含まれている。今年に入り、27カ国のうち実質通貨の価値が上昇した国14カ国は韓国(3.2%)、オーストラリア(2.6%)、スウェーデン(2.3%)、メキシコ(2.2%)、カナダ(2.0%)などだった。

実質実効為替レートが上昇すれば、その通貨が交易相手国の通貨より価値が大きくなったということだ。韓国ウォンの価値が上がったというのは輸出競争力が多少弱まったと分析できる。

ドナルド・トランプ米大統領は中国やドイツなど対米貿易の黒字が多い国を対象に為替を操作して利益を享受していると攻撃してきた。米国財務省は昨年10月、韓国・日本・中国・ドイツ・台湾・スイス6カ国を為替操作国指定の前段階である為替観察国として指定した。そのため、各国の外国為替当局が米国との紛争を懸念するため、かつてのように市場介入をしていないと評価されている。実質価値の上昇を外国為替当局の市場介入の自制による結果と分析する見方もある。

BISは、この統計を主要27カ国と世界61カ国に分けてまとめている。61カ国を基準に米国が為替操作国と名指した中国とドイツの実質通貨価値はそれぞれ0.6%、0.8%切り下げられたことが分かった。これに対して日本円の実質価値は1.0%切り上げられた。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

【関連記事】 韓経:【コラム】7兆ウォンの観光赤字、このまま放っておくのか=韓国 韓経:【社説】ささいな難癖で韓国持分のAIIB副総裁を廃止した中国 韓経:【コラム】ウォン高ショック…日本のように「安全通貨の呪い」に苦しめられるか 韓経:【社説】日本ではなく韓国が為替操作国と主張した英紙FT 韓経:【コラム】「三流」扱いされる韓国ウォン…ドル投資家が怒った
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
23日の債券市場見通し=好需給を支えに下げ渋る展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.50円−150.60円、長期国債利回り0.040%−0

画像
23日の東京外国為替市場見通し=日銀の出口戦略に関する報道は注目

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円00銭−111円50銭 日銀の出口戦略に関する報道が前週から出始

画像
23日の東京外国為替市場=ドル・円、英国の爆発事件などで上値重い

 23日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=111円台中心の動きが続いている。朝方は英国マンチェス

画像
今晩のNY為替の読み筋=ドル・円、ボラティリティ拡大か

予想レンジ:1ドル=110円50銭−111円80銭 米4月シカゴ連銀製造業景況指数はプラス0.49と

画像
22日の商品動向、WTIが4日上昇、NY金は続伸

・NY原油先物6月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=50.73ドル(

画像
行政向け電波枠を開放へ…通信量急増に対応早ければ2018年度から段階的に

政府は警察や消防など行政機関に割り当てている電波の周波数帯のうち、利用が少ない枠を早ければ2018年


-