韓経:韓国ウォンの実質上昇率が27カ国で1位に|マネブ

マネブNEWS:〔2017.08.23〕22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、小動き 現在の記事数:246213件

-

韓経:韓国ウォンの実質上昇率が27カ国で1位に


韓国ウォンの実質価値が今年に入って交易量の多い27カ国の中で最も大きく上昇したことが分かった。

19日、国際決済銀行(BIS)の資料によると、先月末を基準に主要27カ国に比べて韓国ウォンの実質実効為替レート(2010年に100基準)は122.34で、昨年末(118.53)より3.2%上がった。主要27カ国は日本、米国、英国、ドイツなどであり、ユーロ圏(ユーロ貨幣を使用する19カ国)も含まれている。今年に入り、27カ国のうち実質通貨の価値が上昇した国14カ国は韓国(3.2%)、オーストラリア(2.6%)、スウェーデン(2.3%)、メキシコ(2.2%)、カナダ(2.0%)などだった。

実質実効為替レートが上昇すれば、その通貨が交易相手国の通貨より価値が大きくなったということだ。韓国ウォンの価値が上がったというのは輸出競争力が多少弱まったと分析できる。

ドナルド・トランプ米大統領は中国やドイツなど対米貿易の黒字が多い国を対象に為替を操作して利益を享受していると攻撃してきた。米国財務省は昨年10月、韓国・日本・中国・ドイツ・台湾・スイス6カ国を為替操作国指定の前段階である為替観察国として指定した。そのため、各国の外国為替当局が米国との紛争を懸念するため、かつてのように市場介入をしていないと評価されている。実質価値の上昇を外国為替当局の市場介入の自制による結果と分析する見方もある。

BISは、この統計を主要27カ国と世界61カ国に分けてまとめている。61カ国を基準に米国が為替操作国と名指した中国とドイツの実質通貨価値はそれぞれ0.6%、0.8%切り下げられたことが分かった。これに対して日本円の実質価値は1.0%切り上げられた。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

【関連記事】 韓経:【コラム】7兆ウォンの観光赤字、このまま放っておくのか=韓国 韓経:【社説】ささいな難癖で韓国持分のAIIB副総裁を廃止した中国 韓経:【コラム】ウォン高ショック…日本のように「安全通貨の呪い」に苦しめられるか 韓経:【社説】日本ではなく韓国が為替操作国と主張した英紙FT 韓経:【コラム】「三流」扱いされる韓国ウォン…ドル投資家が怒った
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、小動きか

 ドル・円予想レンジ:1ドル=108円50銭−109円50銭 きょうは日中に目立った材料がない。24

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円、ジャクソンホール会合待ちで小動き

 22日の東京外国為替市場でドル・円は小動きが続いている。前日の米国時間は北朝鮮情勢や米政権の混乱を

画像
今晩のNY為替の読み筋=ドル・円、ジャクソンホール会合を前にもみ合い継続か

予想レンジ:1ドル=108円80銭−109円60銭 米韓両軍の合同演習に対する北朝鮮の強い反発を受け

画像
21日の商品動向、WTIが3日ぶり反落、NY金は反発

・NY原油先物9月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=47.37ドル(

画像
乙武洋匡が見たガザ地区の痛ましすぎる現実失業率40%超、空爆が日常の難民キャンプ

どこかで見覚えがある男の肖像画は…「ガザ」と聞いて、皆さんは何を連想するだろうか。ある人は「紛争」と

画像
トランプ大統領から大企業が「逃げる」理由ビジネス関連助言組織が相次ぎ解散

企業のCEOらがトランプ大統領とのかかわりを恐れている理由とは(写真:Carlos Barria/ロ


-