円、112円台後半=ロンドン外為|マネブ

マネブNEWS:〔2017.05.26〕25日の債券市場見通し=堅調な展開か 現在の記事数:240750件

-

円、112円台後半=ロンドン外為


 【ロンドン時事】20日朝のロンドン外国為替市場の円相場は、薄商いの中を1ドル=112円台後半で推移した。

 午前9時現在は112円70~80銭と、前週末午後4時比10銭の円安・ドル高。 

【関連記事】 円、112円台後半=週末のG20は響かず 〔マーケット情報〕株と為替の最新市況 原油下落、OPEC合意前の水準に=減産をシェールが穴埋め 〔写真特集〕「美しすぎる金融系OL」松川佑依子さん 【特集】アベノミクスが抱える「金利上昇」という「爆弾」
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
25日の債券市場見通し=堅調な展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.50円−150.60円、長期国債利回り0.040%−0

画像
25日の東京外国為替市場見通し=桜井日銀審議委員の発言などに注意

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円00銭−112円00銭 OPEC(石油輸出国機構)総会を控え原油

画像
25日の東京外国為替市場=ドル・円、111円台半ばの小動き続く

 25日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=111円後半中心のもみ合いが続いている。前日の米国時間

画像
24日の商品動向、WTIが反落、NY金は続落

・NY原油先物7月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=51.36ドル(

画像
賃金が物価よりも上昇しないとデフレは続くGDPデフレーターを分析するとよくわかる

輸入価格の上昇を上回る賃金上昇がないとデフレ脱却は難しい (写真:Syda Productions

画像
東京入管被収容者のハンストが終了した理由体力の限界を感じ「影響見極めたい」

 5月25日、東京と名古屋の入国管理局収容施設で最大100人近くの被収容者が、長期収容・再収容に抗議


-