〔ロンドン外為〕円、115円台半ば(10日)|マネブ

マネブNEWS:〔2017.06.25〕日本で報じられる世界の姿を鵜呑みにするなそこにバ 現在の記事数:242622件

-

〔ロンドン外為〕円、115円台半ば(10日)


 【ロンドン時事】10日のロンドン外国為替市場では、トランプ次期米大統領の記者会見を11日に控えてリスクオフの動きが広がり、円相場は1ドル=115円台半ばに上伸した。午後4時現在は115円40~50銭と、前日同時刻(116円40~50銭)比1円の円高・ドル安。
 円はロンドン時間の朝方、ドル売り・円買いが進んだ東京市場の流れを引き継ぎ、115円70銭近辺で取引された。その後は持ち高調整で116円35銭まで売られたが、午後に入って米国勢が参入すると再び買いが強まり、115円41銭まで買われた。
 FXプロの主任エコノミスト、サイモン・スミス氏は「市場の注目はトランプ氏の記者会見に移りつつある。(トランプ氏が好んで利用するツイッターの字数制限となっている)140文字以上の声明を期待できるからだ。ドルの勢いが失速してきたのは明らかで、トランプ氏が一段の追い風を送ることができるかが焦点だ」と指摘した。
 ユーロの対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.0590~0600ドル(前日同時刻は1.0550~0560ドル)。対円では同122円20~30銭(122円85~95銭)。
 ポンドは英国の欧州連合(EU)離脱懸念を背景に続落し、一時2016年10月25以来2カ月半ぶりの安値水準となる1ポンド=1.2107ドルを付けた。ただ、午後4時現在は1.2180~2190ドル(前日同時刻は1.2140~2150ドル)と切り返している。
 スイスフランは1ドル=1.0130~0140フラン(1.0160~0170フラン)。

【関連記事】 株2万円超え、期待高まる=円高・株安に反転も 〔マーケット情報〕株と為替の最新市況 NAFTA見直し懸念=メキシコ事業の前提変わる 〔写真特集〕「美しすぎる金融系OL」松川佑依子さん 【特集】トランプ新体制がもたらす「再びのバブル相場」
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
日本で報じられる世界の姿を鵜呑みにするなそこにバイアスがかかっているかもしれない

視聴者の想像と現実とはズレていることも多い(写真:タカス / PIXTA)2016年、イギリスの欧州

画像
「ゆるキャラ」頼みの地方創生には限界がある100万円使う前に、町の価値を見出せているか

自治体の8割がゆるキャラを持っている日本。ただ、それ以前に自治体の価値発掘はきちんとできているのだろ

画像
最愛の夫失ったFB幹部を救った「別の生き方」サンドバーグ氏を導いたオプションBとは

フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグ氏は2015年、休暇中に夫を失った(写真:Alex Br

画像
これって何語?「外国語風」名前の列車10選外国人も首をひねる不思議な造語がいろいろ

東武鉄道の新型特急「リバティ」はLibertyではなくRevatyだ(撮影:尾形文繁)「リバティ」「

画像
最速ポルシェを排したランボルギーニの実力ルックスとスペックだけが派手じゃない

 ランボルギーニのニューモデル、ウラカン ペルフォルマンテは空気の力で速くなる!?  モータージャー

画像
「送料有料」で成功した三重のスーパーの秘密60歳以上の利用者には安否確認電話も!

スーパーサンシ鈴鹿ハンター店。宅配事業部も併設しているシステムも配送も全部自前当記事は「週刊女性PR


-