〔ロンドン外為〕円、115円台半ば(10日)|マネブ

マネブNEWS:〔2017.01.20〕「ほめ方が下手な人」に共通する残念な考え方自分目 現在の記事数:219729件

-

〔ロンドン外為〕円、115円台半ば(10日)


 【ロンドン時事】10日のロンドン外国為替市場では、トランプ次期米大統領の記者会見を11日に控えてリスクオフの動きが広がり、円相場は1ドル=115円台半ばに上伸した。午後4時現在は115円40~50銭と、前日同時刻(116円40~50銭)比1円の円高・ドル安。
 円はロンドン時間の朝方、ドル売り・円買いが進んだ東京市場の流れを引き継ぎ、115円70銭近辺で取引された。その後は持ち高調整で116円35銭まで売られたが、午後に入って米国勢が参入すると再び買いが強まり、115円41銭まで買われた。
 FXプロの主任エコノミスト、サイモン・スミス氏は「市場の注目はトランプ氏の記者会見に移りつつある。(トランプ氏が好んで利用するツイッターの字数制限となっている)140文字以上の声明を期待できるからだ。ドルの勢いが失速してきたのは明らかで、トランプ氏が一段の追い風を送ることができるかが焦点だ」と指摘した。
 ユーロの対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.0590~0600ドル(前日同時刻は1.0550~0560ドル)。対円では同122円20~30銭(122円85~95銭)。
 ポンドは英国の欧州連合(EU)離脱懸念を背景に続落し、一時2016年10月25以来2カ月半ぶりの安値水準となる1ポンド=1.2107ドルを付けた。ただ、午後4時現在は1.2180~2190ドル(前日同時刻は1.2140~2150ドル)と切り返している。
 スイスフランは1ドル=1.0130~0140フラン(1.0160~0170フラン)。

【関連記事】 株2万円超え、期待高まる=円高・株安に反転も 〔マーケット情報〕株と為替の最新市況 NAFTA見直し懸念=メキシコ事業の前提変わる 〔写真特集〕「美しすぎる金融系OL」松川佑依子さん 【特集】トランプ新体制がもたらす「再びのバブル相場」
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
「ほめ方が下手な人」に共通する残念な考え方自分目線を基準にしていたら相手に届かない

普段から相手のことをよく見ているかどうかが問われます(写真:EKAKI / PIXTA)日本人が人を

画像
2035年「人口の5割が独身」時代がやってくる親や配偶者に「依存しすぎ」ていませんか?

すでに結婚している人も「独身」で生きることに備える必要があります(写真:Jaromir Chalab

画像
月給5万円の旅役者に嫁いだ元OLの悪戦苦闘親に勘当された娘は覚悟を決め幸せを掴んだ

売れない役者に恋をした元OLの人生激変ストーリーとは?TBSテレビで1月16日にスタートした新番組『

画像
「同一労働同一賃金」で賃金水準は上がるのか高齢化による非正規社員の増加が問題

働き方改革実現会議は安倍首相が議長。政府の旗振りで改革は進むのか(写真:共同)安倍晋三首相を議長とす

画像
不倫相手に「デキないオトコ」が選ばれる理由実は「ハイスペック育メン夫」に苦しんでいる

「女は家にいて、家事と育児をしてこそ幸せ」という意識を持つ夫はまだ存在するようだ(写真:マハロ /

画像
トランプ大統領誕生後の米国はバブルになる第一生命経済研究所の嶌峰・西濵氏が予測

トランプ氏がアメリカの第45代大統領に。バブルがやってくるのだろうか(写真:AP/アフロ)いよいよア


-