<今日の仮想通貨市況>BTCの軟調が相場全体に波及|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.22〕21日の債券市場見通し=売られにくい展開か 現在の記事数:290140件

-

<今日の仮想通貨市況>BTCの軟調が相場全体に波及


 6日午前10時時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=42万7213円(過去24時間比4.63%安)、リップル(XRP)が1XRP=38.1円(同4.21%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万1648円(同6.62%安)など、ほぼ全面安となっている。 5日は米証券市場が休場となる中、日中欧株式が売られるリスクオフムード。一方、仮想通貨市場はBTCのマイナーの損益分岐点下限とされる1BTC=3500ドル(約39万5500円)程度が下値抵抗水準として意識されるものの、リスクオフムードの中で買い向かう意欲が減退しているようだ。 ただ、アルトコインの中では、ファクトム(FCT)が時価総額36位ながら過去24時間比17.67%高、週間ベースでも90%近い上昇と逆行高となっているのが目につく。FCTはマネックスグループ<8698>傘下の仮想通貨交換所大手・コインチェックでの取扱通貨で、データが軽く取引処理スピードが速いという利点をもつ。Factom Inc.が開発・管理しており、非中央集権的なBTCなどと対照的。「ビットコイン2.0」とも呼ばれる次世代通貨として注目を集めている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=売られにくい展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.75円−152.95円、長期国債利回りマイナス0

画像
21日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、方向感の出にくい展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円10銭−111円10銭 21日の東京外国為替市場のドル・円は、1

画像
<今日の仮想通貨市況>出遅れ感のあるイオスなどが急伸

 21日午前9時40分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=44万1218円(過去

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円、110円台後半で往って来い

 21日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=110円台後半で推移、下方向に往って来いの展開となっ

画像
20日の商品動向、WTI6日続伸、NY金は3日続伸

・NY原油先物3月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=56.92ドル(

画像
1月FOMC議事録、バランスシート縮小政策を年末までに終了でほぼ意見一致

<チェックポイント>●インフレが予測以上に加速した場合、年内利上げの可能性示唆●「辛抱強く」の文言採


-