6日の東京外国為替市場=ドル・円ジリ安、米中貿易摩擦への懸念再燃で|マネブ

マネブNEWS:〔2018.12.11〕10日の債券市場見通し=買い先行も上値に重さが残 現在の記事数:288643件

-

6日の東京外国為替市場=ドル・円ジリ安、米中貿易摩擦への懸念再燃で


 6日の東京外国為替市場で、ドル・円は下押し圧力が強まる展開となった。株式市場寄り付き直後に1ドル=113円09銭を付ける場面があったが、日経平均株価の朝安からその後はジリ安歩調を強めた。中国株・アジア株含め全面安の展開となると、ドル・円は一時112円57銭まで下押しした。 きょうの株安・リスクオフの背景には中国通信機器大手ファーウェイのCFO(最高財務責任者)が米国の要請によりカナダで逮捕されたことがあり、市場では米中貿易摩擦への懸念が再燃したとの受け止めが広がった。 15時現在、112円74銭となっている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
10日の債券市場見通し=買い先行も上値に重さが残る展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.55円−151.75円、長期国債利回り0.045%−

画像
10日の東京外国為替市場見通し=米金利低下を背景にドル・円は下押しか

ドル・円予想レンジ:1ドル=111円90銭−112円90銭 10日の東京外国為替市場のドル・円は、下

画像
<今日の仮想通貨市況>BTCに買い戻し、BCH時価総額5位に再浮上

 10日午前9時30分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=40万9183円(過去

画像
10日の東京外国為替市場=ドル・円、112円台半ばで推移

 10日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=112円台半ばで推移している。前週末の弱い米11月雇

画像
7日の商品動向、WTIが3日ぶり反発、NY金は続伸

・NY原油先物1月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=52.61ドル(

画像
米11月雇用統計、非農業部門雇用者数は前月比15.5万人増―市場予想下回る

<チェックポイント>●建設業の伸び鈍化顕著●平均時給の伸びは市場予想下回る●失業率は3.7%、49年


-