6日の東京外国為替市場=ドル・円ジリ安、米中貿易摩擦への懸念再燃で|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.22〕21日の債券市場見通し=売られにくい展開か 現在の記事数:290140件

-

6日の東京外国為替市場=ドル・円ジリ安、米中貿易摩擦への懸念再燃で


 6日の東京外国為替市場で、ドル・円は下押し圧力が強まる展開となった。株式市場寄り付き直後に1ドル=113円09銭を付ける場面があったが、日経平均株価の朝安からその後はジリ安歩調を強めた。中国株・アジア株含め全面安の展開となると、ドル・円は一時112円57銭まで下押しした。 きょうの株安・リスクオフの背景には中国通信機器大手ファーウェイのCFO(最高財務責任者)が米国の要請によりカナダで逮捕されたことがあり、市場では米中貿易摩擦への懸念が再燃したとの受け止めが広がった。 15時現在、112円74銭となっている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=売られにくい展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.75円−152.95円、長期国債利回りマイナス0

画像
21日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、方向感の出にくい展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円10銭−111円10銭 21日の東京外国為替市場のドル・円は、1

画像
<今日の仮想通貨市況>出遅れ感のあるイオスなどが急伸

 21日午前9時40分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=44万1218円(過去

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円、110円台後半で往って来い

 21日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=110円台後半で推移、下方向に往って来いの展開となっ

画像
20日の商品動向、WTI6日続伸、NY金は3日続伸

・NY原油先物3月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=56.92ドル(

画像
1月FOMC議事録、バランスシート縮小政策を年末までに終了でほぼ意見一致

<チェックポイント>●インフレが予測以上に加速した場合、年内利上げの可能性示唆●「辛抱強く」の文言採


-