11日の東京外国為替市場=ドル・円、112円台前半でもみ合い|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.23〕22日の債券市場見通し=米債券安の流れ引き継ぎ軟 現在の記事数:290173件

-

11日の東京外国為替市場=ドル・円、112円台前半でもみ合い


 11日の東京外国為替市場は、ドル・円底堅く推移した。前日の米国株急落の流れを受け朝方は1ドル=112円近辺まで下押しする場面があったが、東京株式市場がオープンすると日経平均株価の売り先行を織り込み消化し、ドル・円は反転。中値設定付近では国内輸入企業のドル買い・円売りも入り、112円30銭まで上値を伸ばした。 中値通過後は、日経平均株価の下げ幅拡大、上海総合指数の大幅安などを背景に、ドル・円は一時112円を割り込む場面があった。 後場に入り、日経平均株価が下げ渋るとともに、ドル買い・円売り優勢に。 日経平均株価や上海総合指数が大幅安で推移するリスクオフ相場だったが、ドル・円は30銭程度のレンジでもみ合っている。 15時現在、112円11銭となっている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の債券市場見通し=米債券安の流れ引き継ぎ軟調地合い

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.70円−152.90円、長期国債利回りマイナス0

画像
22日の東京外国為替市場見通し=閣僚級米中貿易協議の中、ドル・円は神経質な展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円10銭−111円10銭 22日の東京外国為替市場のドル・円は、神

画像
<今日の仮想通貨市況>「ビットメインのマイニング機器に脆弱性」との指摘を嫌気

 22日午前9時35分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=43万8082円(過去

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円、材料難で小動きに終始

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、小動きに終始した。 朝方1ドル=110円70銭近辺だったドル

画像
来週の東京外国為替市場見通し=米10−12月期GDPやパウエルFRB議長の議会証言などに注目

 予想レンジ:1ドル=109円90銭−111円30銭 18−21日の週のドル・円は1ドル=110円台

画像
21日の商品動向、WTI4月物が下落、NY金は4日ぶり反落

・NY原油先物4月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=56.96ドル(


-