<今日の仮想通貨市況>軟調、仮想通貨業界は内部崩壊との見方浮上|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.22〕21日の債券市場見通し=売られにくい展開か 現在の記事数:290140件

-

<今日の仮想通貨市況>軟調、仮想通貨業界は内部崩壊との見方浮上


 主要仮想通貨は10日10時10分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=74万9916円(過去24時間比0.26%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万5701円(同0.91%安)、リップル(XRP)が1XRP=53.8円(同2.26%安)となるなど軟調に推移している。 9日に英調査会社ジュニパーリサーチが仮想通貨業界は内部崩壊の瀬戸際にあるとの警告を発したことなどが市場心理を冷やしている可能性がある。同レポートによると、米中貿易摩擦や英国のEU(欧州連合)との離脱協議が混迷する状況で仮想通貨のメリットが注目される環境にありながら、4−6月期、7−9月期と取引額が急減していると指摘。ビットコインの軟調に加え、多くの交換業者で業務慣行を巡る疑念が絶えないことなどから、内部崩壊の瀬戸際に至っているとの見解を示している。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=売られにくい展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.75円−152.95円、長期国債利回りマイナス0

画像
21日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、方向感の出にくい展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円10銭−111円10銭 21日の東京外国為替市場のドル・円は、1

画像
<今日の仮想通貨市況>出遅れ感のあるイオスなどが急伸

 21日午前9時40分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=44万1218円(過去

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円、110円台後半で往って来い

 21日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=110円台後半で推移、下方向に往って来いの展開となっ

画像
20日の商品動向、WTI6日続伸、NY金は3日続伸

・NY原油先物3月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=56.92ドル(

画像
1月FOMC議事録、バランスシート縮小政策を年末までに終了でほぼ意見一致

<チェックポイント>●インフレが予測以上に加速した場合、年内利上げの可能性示唆●「辛抱強く」の文言採


-