10日の東京外国為替市場=ドル・円、113円前後で推移|マネブ

マネブNEWS:〔2018.12.08〕7日の債券市場見通し=リスク回避ムード後退、相場 現在の記事数:288595件

-

10日の東京外国為替市場=ドル・円、113円前後で推移


 10日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=113円前後での推移となっている。IMF(国際通貨基金)が世界経済見通しを下方修正し、景気の先行きに対する懸念から円が上昇した。「5・10日(ごとおび)」にあたることから輸入企業によるドル買い・円売りが観測され、一時113円台を回復。日経平均株価が伸び悩んだためドル・円も上げ幅を縮小する場面もあったが、追加の手掛かり材料難で売り買いともに積極性は乏しく、その後は113円ちょうどを挟んでもみ合いとなっている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
7日の債券市場見通し=リスク回避ムード後退、相場反転の変化日か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.55円−151.85円、長期国債利回り0.035%−

画像
7日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、米11月雇用統計を前に小動きか

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円00銭−113円00銭 7日の東京外国為替市場のドル・円は、1ド

画像
<今日の仮想通貨市況>SEC、ビットコインETF上場の最終判断を再度延期

 7日午前9時50分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=39万2816円(過去2

画像
ビットコインSV急伸―加大手マイナーによるBSVマイニングプール買収を好感

 日本時間7日午前、ハードフォーク(分裂)したビットコインABCことビットコインキャッシュ(BCH)

画像
7日の東京外国為替市場=ドル・円、日経平均上げ幅拡大にツレ高

 7日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=113円を目前に上値が重たくなっいる。朝方1ドル=112

画像
来週の東京外国為替市場見通し=米11月雇用統計を確認、米金利動向や英議会のEU離脱案採決を注視

 予想レンジ:1ドル=111円00銭−114円00銭 12月3−6日のドル・円は下落した。週初3日は


-