9日の債券市場見通し=調整は小幅の展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2018.12.12〕11日の債券市場見通し=軟調地合い、30年国債入 現在の記事数:288677件

-

9日の債券市場見通し=調整は小幅の展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.00円−150.15円、長期国債利回り0.140%−0.160% 9日の円債市場は弱含みもみ合いの動きで、調整は小幅の展開となりそうだ。 国内が祝日だった8日は米国債市場も休場だったことから、きょうの円債は、下落となった5日の流れを引き継ぎ、売りが先行してスタートしそうだ。 相場の不安定感が残る超長期ゾーンでは、週後半の11日に30年国債入札、12日には日銀の長期国債入札を控え、「週初から債券を買いにくいムードが高まりそうだ」(銀行系証券)という。 一方、中国人民銀行による預金準備率引き下げの決定にも関わらず、下げが大きかった中国株の動きに加え、日経平均株価も下げが見込まれることなどが円債をサポート。押し目買いを誘いやすく、調整は小幅となりそうだ。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
11日の債券市場見通し=軟調地合い、30年国債入札は「低調」との見方

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.60円−151.90円、長期国債利回り0.035%−

画像
11日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、底堅い展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円80銭−113円80銭 11日の東京外国為替市場のドル・円は底堅

画像
<今日の仮想通貨市況>USDT逆行高、時価総額5位に浮上

 11日午前9時50分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=39万4663円(過去

画像
11日の東京外国為替市場=ドル・円は下落、113円台前半で推移

 11日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=113円台前半で推移している。日経平均株価が高寄り後

画像
10日の商品動向、WTIが反落、NY金は3日ぶり反落

・NY原油先物1月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=51.00ドル(

画像
10日の債券市場見通し=買い先行も上値に重さが残る展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.55円−151.75円、長期国債利回り0.045%−


-