米8月コアCPI、前月比0.1%上昇―市場予想下回る|マネブ

マネブNEWS:〔2019.01.16〕15日の債券市場見通し=相場基調強く上昇、日銀買 現在の記事数:289307件

-

米8月コアCPI、前月比0.1%上昇―市場予想下回る


<チェックポイント>●前年比では2.2%上昇―伸び鈍化もFRB物価目標を6カ月連続で上回る●全体指数、前月比0.2%上昇で市場予想と一致●CPIの伸び鈍化は一時的との見方が大勢 労働省が13日発表した8月のCPI(消費者物価指数)は、FRB(米連邦準備制度理事会)が重視しているコアCPI(価格変動が激しいエネルギーと食品を除いたもの)が前月比0.1%上昇と、7月の同0.2%上昇から伸びが鈍化し、市場予想の0.2%上昇も下回った。 前年比も2.2%上昇と、7月の同2.4%上昇や6月の同2.3%上昇を下回り、4カ月ぶりに伸びが減速。市場予想の同2.4%上昇も下回った。ただ、伸びが減速したものの、FRBの物価目標(2%上昇)を6カ月連続で上回った。これは堅調な雇用市場や個人消費支出の伸びを反映しており、4−6月期GDP(国内総生産)伸び率が前年比年率換算4.2%増(改定値)と、前期(1−3月期)の同2.0%増から伸びが加速したことを反映しているといえる。 8月コアCPIの伸び鈍化は月によって値動きが激しいアパレルが前月比1.6%低下したことが大きく、市場は米経済の強さを考えると減速は一時的とみている。 一方、CPI全体指数(季節調整後)は前月比0.2%上昇と、7月の伸びと同じとなり、市場予想と一致した。前年比は2.7%上昇と、6月と7月の同2.9%上昇や市場予想の2.8%上昇を下回った。 8月CPI統計の結果がFRBの今後の利上げに与える影響については、コアインフレ率の前年比伸び率が2.2%上昇と、前月を下回った一方で、8月雇用統計で賃金(平均時給)上昇率が前年比2.9%増と、7月の同2.7%増を上回ったことから、コアインフレ率を差し引いた実質賃金の伸びは0.7%増と、7月時点の0.3%増から拡大した。しかし、CPI全体指数2.7%上昇との比較ではわずか0.2%増と、依然低い伸びとなっている。このため、FRBは引き続き今後の利上げは緩やかなペースにならざるを得ないというのが大方の見方だ。<関連銘柄>NASD投信<1545>、NYダウ投信<1546>、上場米国<1547>、SPD500<1557>、国際VX中先<1561>、iS米超大型<1587>、iS米小型<1588>、iS米高配当<1589>、iS米リート<1590>、NYダウ<1679>、NYダウブル<2040>、NYダウベア<2041>提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
15日の債券市場見通し=相場基調強く上昇、日銀買い入れが後押し

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.55円−152.75円、長期国債利回り0.000

画像
15日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値重い展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=107円50銭−108円80銭 15日の東京外国為替市場のドル・円は、上

画像
<今日の仮想通貨市況>往って来い、14日の下げ分を取り戻す

 15日午前10時15分現在の主要な仮想通貨は、ビットコインが1BTC=40万円前後(過去24時間比

画像
15日の東京外国為替市場=ドル・円、108円台後半で推移

 15日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=108円台後半で推移している。日経平均株価の軟調スタ

画像
14日の商品動向、WTIが続落、NY金は続伸

・NY原油先物2月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=50.51ドル(

画像
米18年12月コアCPI、前月比0.2%上昇―市場予想と一致

<チェックポイント>●中古車が前月比0.2%低下―11月の同2.4%上昇から大きく悪化●前年比では前


-