大塚家具、身売り先候補TKPが久美子社長の退任要請…処遇調整、14日までに決着か焦点|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.23〕22日の債券市場見通し=米債券安の流れ引き継ぎ軟 現在の記事数:290173件

-

大塚家具、身売り先候補TKPが久美子社長の退任要請…処遇調整、14日までに決着か焦点


大塚家具・大塚久美子社長(Natsuki Sakai/アフロ)

 大塚家具は8月7日夜、2018年12月期の業績予想を下方修正し、最終損益が34億円の赤字(17年同期は72億円の赤字)になりそうだと発表した。2月時点の予想(13億円の黒字)から一転して3年連続の赤字となる。

 売上の減少に加え、売れ残った在庫の価値を見直し、10億円の損失処理することも響いた。売上は従来予想の456億円から376億円に下方修正した。年間10円としていた配当予想も「未定」に変更した。

ヨドバシカメラは買収を否定

 ヨドバシカメラは「大塚家具を買収する意向はない。交渉のテーブルにも(正式に)着いていない」(首脳)と明言した。買い手候補は事実上、貸し会議室大手のティーケーピー(TKP)1社に絞られた。関係筋によると、TKPは大塚家具の大塚久美子社長が退任し、TKPの河野貴輝社長が大塚家具の社長を兼務する人事案を示したが、大塚社長の処遇をめぐって調整が続いている。

 8月10日から14日に延期された6月中間決算の発表までに、決着がつくのだろうか。(文=有森隆/ジャーナリスト)

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
22日の債券市場見通し=米債券安の流れ引き継ぎ軟調地合い

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.70円−152.90円、長期国債利回りマイナス0

画像
22日の東京外国為替市場見通し=閣僚級米中貿易協議の中、ドル・円は神経質な展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円10銭−111円10銭 22日の東京外国為替市場のドル・円は、神

画像
<今日の仮想通貨市況>「ビットメインのマイニング機器に脆弱性」との指摘を嫌気

 22日午前9時35分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=43万8082円(過去

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円、材料難で小動きに終始

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、小動きに終始した。 朝方1ドル=110円70銭近辺だったドル

画像
来週の東京外国為替市場見通し=米10−12月期GDPやパウエルFRB議長の議会証言などに注目

 予想レンジ:1ドル=109円90銭−111円30銭 18−21日の週のドル・円は1ドル=110円台

画像
21日の商品動向、WTI4月物が下落、NY金は4日ぶり反落

・NY原油先物4月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=56.96ドル(


-