14日の東京外国為替市場見通し=ECB理事会にらみで小動きか|マネブ

マネブNEWS:〔2018.06.21〕20日の債券市場見通し=続伸の展開か、外部環境良 現在の記事数:261909件

-

14日の東京外国為替市場見通し=ECB理事会にらみで小動きか


ドル・円予想レンジ:1ドル=109円60銭−110円60銭 FOMC(米連邦公開市場委員会)では予想通り、FF(フェデラル・ファンド)金利を引き上げ(1.50−1.75%→1.75−2.00%)、ドットチャートの示す年内利上げ回数予想(中央値)は3回から4回に引き上げられた。 声明文の内容からもタカ派的と受け止められ米長期金利は上昇。ドル・円は1ドル=110円30−40銭近辺から110円84銭まで上昇した。ただ、その後はドル売りが進んでいる。予想の範囲内ということもあるが、ECB(欧州中央銀行)理事会を控えていることは大きかったようだ。きょうの東京時間もECB理事会にらみで小動きとなる可能性は高い。<主な経済指標・イベント>豪:5月雇用者数豪:5月失業率中国:5月小売売上高中国:5月鉱工業生産中国:5月固定資産投資日本:4月鉱工業生産確報日本:4月稼働率指数英国:5月小売売上高指数ユーロ圏:ECB理事会米国:5月小売売上高米国:新規失業保険申請件数◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
20日の債券市場見通し=続伸の展開か、外部環境良好で好需給が後押し

予想レンジ:債券先物中心限月(9月限)150.80円−150.90円、長期国債利回り0.020%−0

画像
20日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、様子見か

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円50銭−110円70銭 米中貿易摩擦激化の懸念を受けドル・円は上

画像
<今日の仮想通貨市況>しっかり、メインネット移行目前のトロンは急伸

 20日午前9時30分現在の主要な仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=74万5000円前後

画像
20日の東京外国為替市場=ドル・円、株高など受け午後は底堅い地合い

 20日の東京外国為替市場でドル・円は底堅い地合いとなっている。前日の米国時間は米中貿易摩擦の激化懸

画像
19日の商品動向、WTI、NY金が反落

・NY原油先物7月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=65.07ドル(

画像
米5月住宅着工件数、前月比5%増の135万戸―市場予想上回る

<チェックポイント>●着工件数、集合住宅・一戸建て共に堅調●建築許可件数、2カ月連続減―当分、深刻な


-