22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、加計問題に関しての動向には注意|マネブ

マネブNEWS:〔2018.06.20〕19日の債券市場見通し=強含みの展開か 現在の記事数:261863件

-

22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、加計問題に関しての動向には注意


ドル・円予想レンジ:1ドル=110円30銭−111円50銭 ドル・円は1ドル=111円台を回復したことで一服感が出ているが、底堅い動き自体は米長期金利の高止まりを背景に続きそう。加計問題に関しての動向には注意したい。<主な経済指標・イベント>日本:4月全国スーパー売上高◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
19日の債券市場見通し=強含みの展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(9月限)150.70円−150.90円、長期国債利回り0.025%−0

画像
19日の東京外国為替市場見通し=米中貿易摩擦の動向に注意

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円50銭−111円00銭 米中貿易摩擦の動向が引き続き焦点となる。

画像
<今日の仮想通貨市況>仮想通貨交換業協会、自主規制ルール案発表

 主要仮想通貨は19日午前9時15分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=74万5292円(過去2

画像
19日の東京外国為替市場=ドル・円、米中貿易摩擦の激化懸念しリスクオフ

 19日の東京外国為替市場でドル・円は低調地合いとなっている。 早朝は1ドル=110円50銭台付近で

画像
金融庁、週内にビットフライヤーなどに改善命令と報道

 金融庁が週内にも複数の仮想通貨交換業者に対して業務改善命令を出す方針と19日付日本経済新聞・電子版

画像
18日の商品動向、WTI、NY金が反発

・NY原油先物7月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=65.85ドル(


-