ユニクロ、この夏「買ってはいけない商品」|マネブ

マネブNEWS:〔2018.10.20〕19日の債券市場見通し=強含みの展開か 現在の記事数:287297件

-

ユニクロ、この夏「買ってはいけない商品」


「ファーストリテイリング HP」より

 ビジネスパーソンのなかには、ファッションに気を遣ったり、お金を回したりする余裕に欠けている人も珍しくないだろう。そんな方々の味方になってくれるのが、低予算で全身を手軽にコーディネートできる、ファストファッションブランドだ。

 日本国内の代表的なファストファッションブランドといえば、ユニクロとGUだろう。両ブランドを擁する親会社のファーストリテイリングが4月12日に発表した2018年8月期の第2四半期決算によると、昨年9月1日から今年2月28日までの売上収益は前年同期比16.6%増の1兆1867億円、営業利益は同30.5%増の1704億円と、なかなかの好調ぶり。

 8月31日までの連結業績予想については、売上収益を2兆500億円から2兆1100億円(同13.3%増)に、営業利益を2000億円から2250億円(同27.5%増)に、それぞれ上方修正している。

 特に優秀だったのは、売上収益5074億円(同29.2%増)、営業利益807億円(同65.6%増)の海外ユニクロ事業だ。中華圏や韓国では冬物商品が、東南アジアやオセアニアでは夏物商品が好評だったという。

 また、国内ユニクロ事業も売上収益4936億円(同8.5%増)、営業利益887億円(同29.0%増)と、やはり増益増収。今年は例年にもまして厳しい寒さが続いていたため、ユニクロのヒートテックやダウンにお世話になった方も多いのではないだろうか。

 一方、GU事業も売上収益1058億円(同8.3%増)、営業利益91億円(同23.3%増)で、ユニクロ同様に黒字をマークしている。

 これらの好成績は、ユニクロとGUの商品がこれまで以上に市民権を得ていることの証しだろうが、今回は両ブランドの「買うべき/買ってはいけない商品」を紹介しよう。基準としては、コストパフォーマンスは当然のこと、誰が着てもサマになりやすいかどうかを重要視した。

ユニクロの買ってはいけない商品

【買ってはいけない商品:キャラクターもののプリントTシャツ】

 逆にユニクロで避けたい商品は、キャラクターもののプリントTシャツ。2003年に発足したユニクロのTシャツブランド「UT」では、ミッキーマウスやスヌーピーといった有名キャラクターのほか、映画やマンガ、アート作品とのコラボレーション商品を、積極的に発売している。

 その多様性は「さすがユニクロ」と評価するべきなのかもしれないが、これらのTシャツは、どんな人にも馴染み深いキャラクターだからこそ、悪目立ちするリスクが大。子どもっぽい印象を与えてしまいかねないのである。少しでもオシャレを意識するのなら、無地のTシャツを選んでおくのが賢明だ。(文=A4studio)

※本記事の情報は2018年5月上旬のものです

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
19日の債券市場見通し=強含みの展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.10円−150.30円、長期国債利回り0.145%−

画像
19日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、112円前半でもみ合いか

ドル・円予想レンジ:1ドル=111円60銭−112円60銭 19日の東京外国為替市場のドル・円は、1

画像
<今日の仮想通貨市況>全面安の中、テザー逆行高

 主要仮想通貨は19日9時20分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=72万7271円(過去24時

画像
19日の東京外国為替市場=ドル・円ジリ高、日中株価持ち直し受け

 19日の東京外国為替市場でドル・円はジリ高歩調で推移している。朝方1ドル=112円20銭近辺だった

画像
来週の東京外国為替市場見通し=政治問題へ発展、サウジ記者殺害疑惑の影響に懸念

 予想レンジ:1ドル=110円97銭−113円00銭 15−19日のドル・円は上値の重い展開だった。

画像
18日の商品動向、WTIが続落、NY金は反発

・NY原油先物11月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=68.65ドル


-