16日の東京外国為替市場=ドル・円、110円前半で小動き|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.22〕21日の債券市場見通し=売られにくい展開か 現在の記事数:290140件

-

16日の東京外国為替市場=ドル・円、110円前半で小動き


 16日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=110円前半での小動きが続く。前日の米国時間は米10年債利回りが11年以来の水準に上昇したことを受けドル高・円安が進行。朝方は110円20−30銭近辺で推移した。 午前8時50分発表の1−3月期実質GDP(国内総生産)は前期比年率0.6%減、前期比0.2%減。いずれも市場予想を下回ったがドル・円に目立った反応は出ていない。その後は110円前半で方向感のない動きとなり、午後も同様の流れとなっている。 今回のGDPに関し農林中金総合研究所は同日付リポートで、9四半期ぶりのマイナス成長となったことで景気の転換点が近いのか、それとも踊り場に過ぎないのかが問題と指摘。ただ、人手不足を受けた賃上げ率の高まり、さらには緩やかながらも世界経済の回復傾向が続いていることから輸出の増勢が再び強まる可能性を踏まえるとマイナス成長は一時的であり、4−6月期以降は再びプラス基調に戻るとした。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=売られにくい展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.75円−152.95円、長期国債利回りマイナス0

画像
21日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、方向感の出にくい展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円10銭−111円10銭 21日の東京外国為替市場のドル・円は、1

画像
<今日の仮想通貨市況>出遅れ感のあるイオスなどが急伸

 21日午前9時40分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=44万1218円(過去

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円、110円台後半で往って来い

 21日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=110円台後半で推移、下方向に往って来いの展開となっ

画像
20日の商品動向、WTI6日続伸、NY金は3日続伸

・NY原油先物3月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=56.92ドル(

画像
1月FOMC議事録、バランスシート縮小政策を年末までに終了でほぼ意見一致

<チェックポイント>●インフレが予測以上に加速した場合、年内利上げの可能性示唆●「辛抱強く」の文言採


-