米4月小売売上高、前月比0.3%増―市場予想と一致|マネブ

マネブNEWS:〔2018.09.23〕革命児テスラ、存亡の危機…マスクCEOのマリファ 現在の記事数:286376件

-

米4月小売売上高、前月比0.3%増―市場予想と一致


<チェックポイント>●3月の前月比0.8%増から減速―自動車、家電、ヘルスケアなどの鈍化が主因●3月と2月実績値を上方改定●4−6月期GDP押し上げ観測強まる 米商務省が15日発表した4月小売売上高(季節・営業日調整後)は速報値ベースで前月比0.3%増の4976億ドルと3カ月連続で増加した。自動車や家電、ヘルスケア、レストランなどの伸びが大幅に鈍化したため、3月の同0.8%増(改定前は同0.6%増)から伸びが減速したものの、市場予想とは一致した。 自動車・ガソリンなど値動きの激しい項目を除いたコア売上高は前月比0.4%増と、3月の0.5%増から伸びが減速したが、市場予想と一致した。実質的に個人消費は抑制されているものの、年初から回復し堅調を維持している。 内訳をみると、大幅に増加したのは月ごとに変動が激しいガソリンで、前月比0.8%増と、1月の同2%増以来3カ月ぶりの大幅増となり、3月の同0.3%増や2月の同0.5%増を上回った。これは価格上昇で売り上げが拡大したもの。 対照的に、月ごとに変動が激しい自動車・同部品が前月比0.1%増と減速した。これは3月が同2.1%増と6カ月ぶりの大幅増となった反動。このうち、自動車ディーラーも同0.2%増(3月は同2.2%増)となった。 この他では、オンライン小売は前月比0.6%増(3月は同0.9%増)に減速した一方で、百貨店は同0.2%増(同0.3%減)に加速した。家具販売は同0.8%増(同1.4%増)と、減速したものの、3カ月連続で増加し、堅調を維持。家電ストアは同0.1%減(同0.7%増)に減速。スポーツ・趣味・書籍・音楽関連用品も同0.1%減(同0.1%減)と、低迷した。 今回の統計では、全体の小売売上高から大幅に伸びが鈍化した自動車・同部品を除いても、前月比0.3%増と、3月の同0.4%増から緩やかな伸びとなった。市場予想の同0.5%増も下回り、思ったほど消費は強くない。ガソリンスタンドや自動車・同部品、建築資材、飲食レストランを除いた、いわゆる“コア小売売上高”(コントロール・グループ)も同0.4%増と、3月の同0.5%増を下回ったものの、市場予想とは一致した。 コア小売売上高はGDP(国内総生産)を構成する個人消費支出の財支出に組み込まれる重要な指標となっている。4月は前月比0.4%増と、伸びがやや減速したが、年初の弱い伸びから着実に回復してきていることから、市場ではGDPの3分2を占める個人消費は4−6月期GDPの押し上げに寄与するとみている。一部では4−6月期GDP伸び率は前期比年率換算で3%超増と、前期の同2.3%増を大幅に上回ると予想している。 今回の統計発表前、世界最大の先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の12月限のFF(フェデラル・ファンド)金利先物が2.21%となり、12月に今年4回目の利上げが実施される確率が51%に上昇した。また、次回6月会合時での利上げ確率は95%、9月は100%を織り込んでいる。4月の小売売上高が昨年暮れから着実に回復してきていることから、この見通しに変わりはない。<関連銘柄>NASD投信<1545>、NYダウ投信<1546>、上場米国<1547>、SPD500<1557>、国際VX中先<1561>、iS米超大型<1587>、iS米小型<1588>、iS米高配当<1589>、iS米リート<1590>、NYダウ<1679>、NYダウブル<2040>、NYダウベア<2041>提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
革命児テスラ、存亡の危機…マスクCEOのマリファナ事件、赤字膨張、自動車大手もEV本腰

テスラCEOのイーロン・マスク氏(写真:ロイター/アフロ) ドイツの自動車大手、メルセデス・ベンツは

画像
21日の債券市場見通し=好需給が支えも株高で上値は抑制か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.10円−150.20円、長期国債利回り0.115%−

画像
21日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値の重い展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=111円80銭−112円80銭 21日の東京外国為替市場のドル・円は、上

画像
<今日の仮想通貨市況>全面高、ETF承認期待やリップルの好材料で

 主要仮想通貨は21日9時15分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=73万3931円(過去24時

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円、日経平均上げ幅拡大にツレ高

 21日の東京外国為替市場でドル・円は堅調な動きを示した。朝方1ドル=112円50銭近辺だったドル・

画像
来週の東京外国為替市場見通し=FOMC控える、米国の通商政策が引き続き焦点

 予想レンジ:1ドル=110円00銭−114円00銭 9月17−20日のドル・円は上昇した。週初17


-