22日の債券市場見通し=朝安後、持ち直す展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2018.09.19〕18日の債券市場見通し=軟調な展開か 現在の記事数:286232件

-

22日の債券市場見通し=朝安後、持ち直す展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.80円−150.90円、長期国債利回り0.035%−0.040% 22日の債券市場は朝安後、持ち直す展開か。 前日の米長期金利は乱高下となった。FRB(米連邦準備制度理事会)が21日までに開いたFOMC(米連邦公開市場員会)では2会合ぶりに利上げを決めた。「FOMC決定を売り材料視した一方、米中貿易戦争への警戒意識がリスク回避的な債券買いをもたらした」(銀行系証券)という。 米国債の弱い流れを受けて、円債市場も売りが先行して始まる見通し。ただ、好需給が意識されて売りが続く可能性は低いとの見方が多い。 「日銀はきょうとあす2日続けて長期国債買い入れオペを通知する予定。円高を警戒してオペの減額を急がないとの観測は残るだろうが、好需給観測は揺るぎそうにない」(銀行敬証券)と指摘する。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
18日の債券市場見通し=軟調な展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.10円−150.30円、長期国債利回り0.105%−

画像
18日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値重い展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=111円00銭−112円20銭 18日の東京外国為替市場のドル・円は、米

画像
<今日の仮想通貨市況>ザイフで入出金停止

 18日午前10時18分現在の主要な仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=70万円前後(過去

画像
18日の東京外国為替市場=ドル・円はジリ高、112円ちょうど近辺で推移

 18日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=112円ちょうど近辺で推移している。トランプ米政権が

画像
17日の商品動向、WTIが反落、NY金は3日ぶり反発

・NY原油先物10月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=68.91ドル

画像
米8月小売売上高、前月比0.1%増―予想下回る

<チェックポイント>●自動車・同部品とアパレルの落ち込み顕著●7月は上方改定、7−9月期GDP伸び率


-