<今日の仮想通貨市況>規制、IMFが中心的役割に|マネブ

マネブNEWS:〔2018.12.13〕12日の債券市場見通し=続落の展開か、米中摩擦の 現在の記事数:288711件

-

<今日の仮想通貨市況>規制、IMFが中心的役割に


 主要仮想通貨は14日午前9時50分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=98万4381円(過去24時間比横ばい)、イーサリアム(ETH)が1ETH=7万3991円(同0.9%安)、リップル(XRP)が1XRP=84円(同1.1%安)、ビットコインキャッシュ(BCH)は1BCH=11万3701円(同0.7%高)とまちまちな動きとなっている。 ラガルドIMF(国際通貨基金)専務理事は13日、仮想通貨がマネーロンダリングやテロ組織への資金供給手段とならぬよう世界的な取り締まりが必要と説き、IMFがその中心的な役割を果たすことができると発言。19−20日にアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に、仮想通貨への規制に向けた協議の地ならしとみられる。 なお、仮想通貨交換業者コインチェックが不正流出したネム(XEM)の保有者に対して円での補償を開始して以降、ネムの騰勢は依然続いている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
12日の債券市場見通し=続落の展開か、米中摩擦の懸念が後退

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.55円−151.75円、長期国債利回り0.040%−

画像
12日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、しっかりした展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円80銭−113円80銭 12日の東京外国為替市場のドル・円は、し

画像
<今日の仮想通貨市況>軟調地合い続く中、BTC売られ過ぎとの指摘も

 12日午前10時15分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=38万7389円(過

画像
12日の東京外国為替市場=ドル・円、113円台半ばで推移

 12日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=113円台半ばで推移している。中国ファーウェイCFO

画像
11日の商品動向、WTIが反発、NY金は続落

・NY原油先物1月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=51.65ドル(

画像
11日の債券市場見通し=軟調地合い、30年国債入札は「低調」との見方

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.60円−151.90円、長期国債利回り0.035%−


-