14日の東京外国為替市場=ドル・円、株安など受け低調展開|マネブ

マネブNEWS:〔2018.12.13〕12日の債券市場見通し=続落の展開か、米中摩擦の 現在の記事数:288711件

-

14日の東京外国為替市場=ドル・円、株安など受け低調展開


 14日の東京外国為替市場でドル・円は低調展開となっている。前日の米国時間はティラーソン米国務長官解任などを受け低調な展開。朝方は午前8時50分発表に内閣府が発表した1月機械受注は市場予想を上回ったものの目立った影響はなく、1ドル=106円40−50銭近辺で推移した。 午前10時の仲値公示に向けては国内輸入企業のドル買いなどに支えられ、一時106円74銭まで上昇。その後は米ペンシルベニア下院補欠選挙で民主党候補優勢との報道や日経平均株価が下げ幅を拡大したことから106円30銭台まで下落した。午後は小動きに終始。午後2時ころに補欠選で民主党候補が勝利宣言を行ったと伝わったが、ドル・円に目立った動きは出ていない。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
12日の債券市場見通し=続落の展開か、米中摩擦の懸念が後退

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.55円−151.75円、長期国債利回り0.040%−

画像
12日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、しっかりした展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円80銭−113円80銭 12日の東京外国為替市場のドル・円は、し

画像
<今日の仮想通貨市況>軟調地合い続く中、BTC売られ過ぎとの指摘も

 12日午前10時15分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=38万7389円(過

画像
12日の東京外国為替市場=ドル・円、113円台半ばで推移

 12日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=113円台半ばで推移している。中国ファーウェイCFO

画像
11日の商品動向、WTIが反発、NY金は続落

・NY原油先物1月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=51.65ドル(

画像
11日の債券市場見通し=軟調地合い、30年国債入札は「低調」との見方

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.60円−151.90円、長期国債利回り0.035%−


-