13日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、米CPI控え小動きか|マネブ

マネブNEWS:〔2018.12.11〕10日の債券市場見通し=買い先行も上値に重さが残 現在の記事数:288643件

-

13日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、米CPI控え小動きか


ドル・円予想レンジ:1ドル=105円60銭−106円80銭 きのうは森友学園の文書書き換え問題はそれほど大きな材料とはならなかった。麻生財務相が辞任を否定し、安倍政権の政権運営に影響を与えるとみた市場参加者は少なかったようだ。引き続き森友問題の動向に注意は必要だが、きょうは夜に注目を集める米2月CPI(消費者物価指数)を控えるていることもあり、東京時間のドル・円は小動きとなる可能性が高い。<主な経済指標・イベント>日本:2月国内企業物価指数日本:1月第三次産業活動指数米国:2月消費者物価指数◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
10日の債券市場見通し=買い先行も上値に重さが残る展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.55円−151.75円、長期国債利回り0.045%−

画像
10日の東京外国為替市場見通し=米金利低下を背景にドル・円は下押しか

ドル・円予想レンジ:1ドル=111円90銭−112円90銭 10日の東京外国為替市場のドル・円は、下

画像
<今日の仮想通貨市況>BTCに買い戻し、BCH時価総額5位に再浮上

 10日午前9時30分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=40万9183円(過去

画像
10日の東京外国為替市場=ドル・円、112円台半ばで推移

 10日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=112円台半ばで推移している。前週末の弱い米11月雇

画像
7日の商品動向、WTIが3日ぶり反発、NY金は続伸

・NY原油先物1月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=52.61ドル(

画像
米11月雇用統計、非農業部門雇用者数は前月比15.5万人増―市場予想下回る

<チェックポイント>●建設業の伸び鈍化顕著●平均時給の伸びは市場予想下回る●失業率は3.7%、49年


-